アフターコロナの婚活方法とは? >>

年収1000万の男性と結婚したい!出会う方法や女性に必要な条件って?

年収1000万の男性と結婚 年収
マリコ
マリコ

年収1000万円といえば、女子が一度は憧れるものだよね~!

でも、そんな人と出会うのはかなり難しいのが事実…

年収1000万の人と出会って、幸せになるための5つの秘訣って?

年収1000万の男性と結婚したい!」と思っているあなた!

周りにそんな男性が存在しないと嘆いていませんか?

実は男性の平均給与や、年齢別の平均を見ると1000万の男性はかなり貴重なんです。

だからといって、すぐに諦めたくありませんよね。

このページでは年収1000万円の男性との結婚の難しさや、実現するためにできること、実は意外と大きいデメリットについてご紹介していきます。

最後まで読んだうえで、年収1000万の男性をねらうのかどうか、判断してください!

今すぐ結婚相手を探したい方はこちら
相手を探してみる1 ページ内ジャンプ2

このページの要点をざっくりいうと

年収1000万円の男性と結婚

マリコ
マリコ

やっぱり年収1000万円の人と結婚するって、並大抵の努力じゃだめだよね…

ハナオ
ハナオ

ただ待っているだけでは、素敵な人とは出会えないよ!

年収1000万円の男性と結婚することは、その少なさから考えても簡単なことではありません

だからといって諦めたくないのであれば、少しでも早く婚活を始め、少しでも出会える可能性の高い婚活アプリや結婚相談所を利用しましょう

そして男性に選んでもらうためには、年収1000万円の男性を支えられる、自立した女性であることが大切です。

また年収が高い男性には、仕事が忙しいからこそのデメリットもあることを知っておきましょう。

年収1000万の男性はどのくらいの割合?

どのくらいなんだろう

「年収1000万円の男性」といっても、どのくらいの割合で存在するのか分かりませんよね。

そこで国税庁の調査を参考にして、男性の平均給与の額と、年収1000万円超えの男性の割合をみてみましょう。

男性の平均給与は年間532万円

男性の平均給与は年間532万円

国税庁の調査によると、民間企業に勤める男性の年間給与の平均は次のようになっています。

男性全体の平均額は532万円です。

20代後半では393万円、30代前半で461万円、30代後半でも517万円となっています。一番平均が高い50代前半でも677万円と、1000万には遠くおよびません。

引用元:国税庁「平成29年分 民間給与実態統計調査」

マリコ
マリコ

20代後半だと、年収が400万円を切るの…!?

ハナオ
ハナオ

平均年収は全体的に下がる傾向にあるよ…

年収300万円男性とは結婚できない?将来に不安を感じる時の6つのチェックポイント
20代同士で結婚するなら、「相手の年収が300万円台」はよくある話だよね! でも、年収300万円の人と結婚するのに不安があるのも事実。 今回は、結婚するまでに考えておきたいポイントと家計のコツをまとめてみたよ!

年収1000万超えの男性はわずか6%

わずか6%

先ほどと同じ国税庁の調査による男性の給与階級別の構成比をみてみましょう。

区分

人数(千人)

構成比(%)

1,000万円超 1,500万円以下

1,492

5.1

1,500万円超 2,000万円以下

302

1.0

2,000万円超 2,500万円以下

104

0.4

2,500万円超

130

0.4

合計

2,030

6.9

引用元:国税庁「平成29年分 民間給与実態統計調査」

男性全体でも1000万円超えの男性は6.9%と非常に少ないです。

年齢別の平均で最も平均が高いのは50代だったように、この6.9%の中にも50歳以上の男性が多く含まれるでしょう。

こちらは当然、既に結婚している可能性も含むため、未婚で年収1000万超えとなると非常に少なく、出会いにくいことがわかります。

マリコ
マリコ

ろろろ、6.9%…!?少なすぎだよ~!

20代、30代で年収1000万の人を数えたら、本当に少なそうだよね…

ハナオ
ハナオ

相当難しいのには間違いなさそう…

年収1500万円の男性と結婚するのは無理?玉の輿に乗るために今から出来ること5つ
結婚したい!でも、どうせならより高い年収の人がいい!となると、夢は1000万、1500万円くらいの人になってくるよね!アプリにはそんな人が沢山いるけど、詐欺も多いだろうし… 玉の輿に乗るために、今すぐできる婚活方法って?

年収1000万の男性と出会うのは無理?高望み?

無理?高望み?

マリコ
マリコ

ここまで見てきて、年収1000万の人と出会うのが相当難しいってことは分かったよ。

でも私、やっぱり諦めたくない!

ハナオ
ハナオ

よし、その意気だよ!

じゃあここからは、本当に1000万が高望みなのか見ていくよ!

年収1000万の男性がこんなに少ないとなると、出会うことは無理だと諦めたほうがいいのでしょうか。

そもそも1000万という数字が高望みなのか、考えていきましょう。

職場など自然な条件で出会うのは難しい

自然な条件で出会うのは難しい

マリコ
マリコ

職場に年収1000万円の人…うーん、流石に管理職とかじゃないとなかなか居ないかも…

ハナオ
ハナオ

そういう人とはそもそも話す機会が無かったりするし、やっぱり年齢も高めだよね。

だからこそ、自分で動くことが大切なんだ!

年収1000万の男性と職場など、自然な形で知り合える、というのはまずあり得ないと思っておきましょう。

たまたま知り合った男性が、どこかの御曹司だった、経営者だったなんていう話はあこがれるものです。

でもそんなドラマのような話は簡単に転がっていないですよね。

「いつかお金をたっぷり稼げる男性と出会えるはず!」と待っていては、いつまでも出会うことはできないでしょう

「世帯年収1000万」で探すのはアリ!

世帯年収ならアリ

マリコ
マリコ

世帯年収1000万ってどういうこと…?

ハナオ
ハナオ

つまり、「自分と相手の年収を合わせて1000万にする」ということだね!

自分が200万なら相手は800万あればOK。こうすることで、ぐんと出会いやすくなるよ!

年収1000万の男性を見つけるのが難しいなら、自分の収入と合わせて「世帯年収1000万」という条件で探してみるとかなり見つかりやすくなります。

先ほどご紹介した給与階級別の構成比で、年収700万超~1000万以下を見てみましょう。

区分

人数(千人)

構成比(%)

700万円超 800万円以下

1,861

6.3

800万円超 900万円以下

1,282

4.4

900万円超 1000万円以下

845

2.9

合計

3,988

13.6

引用元:国税庁「平成29年分 民間給与実態統計調査」

先ほどの1000万円超えと合わせると、20.5%となりずいぶん狙いやすくなります

共働きが可能なのであれば、世帯収入で1000万を実現する方向で考えるのもアリですね。

年収が増えると税金などの割合が増えるため、どんどん手取りの割合が減ってきます。

また年収が1000万くらいになると、児童手当の額が少なくなる、高校の無償化から外れるなど将来的に受けられる恩恵が減ってしまう可能性もあります。

年収の条件を下げることは、減ったそのままの額が手に入らなくなるというわけでもないことも覚えておきましょう。

【難しい】年収700万の男性と結婚するのは正直高望み?年齢別の婚活方法まとめ
結婚する相手の年収が700万もあれば、何があっても大丈夫な気がする! でもやっぱり700万は高望みなのかな? みんなが知らない、年収700万男性と効率的に出会う方法って?

年収1000万の男性に出会う方法や満たしておきたい条件は?

満たしておきたい条件は

年収1000万の男性は少ないとわかっていても諦めきれない!という人に、今からできる「年収1000万の男性に出会う方法」をご紹介します。

1.婚活は1日でも早く始める

マリコ
マリコ

ええ~?でも今忙しいし、今週末は女子会の予定が入ってるし…

来月からじゃダメかな?

ハナオ
ハナオ

婚活中は、「今が一番若くてキレイ」だと考えて!

効率的に動くなら、一日も無駄にしてはいけないよ。

婚活は1日でも早く、今すぐにでも始めましょう

年収1000万の男性となれば、女性を選び放題と考えていいはずです。

そこでまず「年齢」を重視する男性が多くなってくると考えられます。

若ければ誰でもいいというわけではないにしても、子供を持ちたいと少しでも考えているのであれば、妊娠・出産・子育てに有利な年齢を選ぶのは自然なことです。

ゆっくりしていると、あなた自身の年齢がどんどん上がってしまいます。

出会うまでの道のりも簡単ではないことを考えると、すぐにでも婚活を始めるべきです。

2.出会うなら合コンではなく婚活アプリや結婚相談所

理想の相手に出会うのは

相手を探す手段として思いつくのは合コンかもしれませんが、合コンはもっと軽い目的で集まるものなので、お目当ての男性に出会う確率はほぼゼロです。

確実に出会うには婚活アプリや結婚相談所の利用がおすすめです。

ただ、マッチングアプリは男性の自己申告のため年齢や年収を詐称していることもあるので要注意です。

条件付きのお見合いパーティーなら、年収○○以上、上場企業限定など、条件の良い人だけが参加できるものもあります。

お住いの地域で開催されていないかチェックしてみてください。

結婚相談所は費用こそかかりますが、それだけ結婚を真剣に考えている男性ばかり集まるため、合う人が見つかれば結婚まで進む可能性も高くなるのでおすすめです。

マリコ
マリコ

よし!理想の相手と出会うために、頑張るぞ!

ハナオ
ハナオ

もし結婚相談所に入るなら、「どんな相手を希望するか」をしっかり伝えてね!

3.「相手を癒せる女性」になる

マリコ
マリコ

「相手を癒す」って…具体的にどういうこと?

ハナオ
ハナオ

年収1000万円以上となってくると、仕事もそれなりに激務になってくる。

だからこそ、話を聞いてくれたりさっと料理を作れたり、「家でまで気を遣わなくていい」相手が選ばれるんだ!

年収1000万の男性に出会って選んでもらうためには、「相手を癒せる女性」になりましょう。

これだけ年収が高いということは、毎日激務をこなして肉体的にも精神的にも、きっと疲れていますよね。

そんな男性は、家に帰ったら優しい笑顔で迎えてくれて、何も考えずにゆったりと過ごさせてくれるような女性を求めるでしょう。

自分の仕事や生活にいっぱいいっぱいで余裕のない女性は男性には選んでもらえないはず。

男性の話をじっくり聞いてあげられる落ち着いた女性を目指しましょう。

4.ある程度のキャリアや知性は必要

ある程度のキャリア・知性

話を聞いてくれる女性がいいとはいえ、ただ相槌を打っているだけでは物足りないと思われてしまいます

年収の高い男性は仕事と関係がないようなさまざまな分野にも興味があり、自分の意見をしっかり持っている人が多いです。

そんな男性と対等に話ができ、たまにはお互いの意見をぶつけ合うような刺激的な関係を築ける女性が好まれます

また、たとえ専業主婦になるとしても、それまでのキャリアや社交性を見て男性は「この人なら自分が仕事の間でも家庭を守ってくれる」と安心して結婚できるのです。

「もう専業主婦になるから仕事なんてどうでもいい」ではなく、自分自身が魅力的な人間か見つめてみるようにしましょう。

5.外見を磨く努力を怠らない

年収1000万の男性に選ばれるためには、外見を磨くことも重要です。

年収1000万円を稼ぐ男性は人付き合いが多いため、社交の場に妻を連れて行くこともあります。

そのような時、やはり妻が美しいほうが男性はうれしく、鼻が高いものです。

また、年収の高い男性はモテるため、多くの女性から言い寄られます。

つまり、ライバルに勝つためにも見た目を磨くことは大切なのです。

かといって、女優さんのようなレベルを目指す必要はありませんし、基本的には美容整形のような力技も必要ありません。

標準体型をキープし、自分という素材で最高の美しさをキープできれば、それで十分です。

ハイスペックな男性ほど、女性には保守的な考えを持っていますので、派手にならないように気をつけましょう。

6.相手に求めすぎない

相手に求めすぎない

マリコ
マリコ

やっぱり年収1000万円以上じゃないとダメだし、貯金もあってタワマンに住んでて…

ハナオ
ハナオ

ま、マリコちゃん…!結婚はお金だけの問題じゃないんだよ!

自分の一番譲れない条件が年収だとしても、男性に「収入ばかり気にしている」と思われると引かれてしまいます。

いくら今年収が良く、安定している企業に勤めているとしても、この先もずっとそのままとは限りません。

お金ばかり気にしている女性では、収入が減ってしまう状況になった時のことを考えると男性は不安になってしまうでしょう。

逆に自立している女性なら「ピンチの時にも一緒に乗り越えられそう」と男性は頼もしく感じてくれるはずです。

相手の年収より、自分が自立した大人の女性であることをアピールできるようにしておきましょう。

【知っておきたい】年収1000万の男性と結婚、本当に幸せ?

本当に幸せ?

何となく「年収1000万」にこだわっているかもしれませんが、収入が良ければ実際の生活は幸せなのでしょうか。

ただ年収に固執して男性を探す前に、知っておきたい次の3点をお伝えします。

仕事が忙しく、家事や子育てに関われない男性が多い

家にいる時間が少ない

年収1000万円も稼ぐ男性は、仕事が非常に忙しくて家にいる時間があまりないことは覚悟しておきましょう。

子供が生まれてからは、女性がほぼ一人で子育てするような形になる可能性もあります。

実際に子供が寝てから帰ってきて、起きる前に出かけていくお父さんも多いのです。

マリコ
マリコ

そ、そうなの!?お金があるんだし、仕事にも余裕があるのかと思ってた…!

ハナオ
ハナオ

年収が高いということは、それだけ仕事を頑張っているということだからね…

仕事が休みの日は疲れているため寝ている、付き合いでゴルフなんていうことも続くと女性のストレスもたまってしまいますよね。

そのような生活になる可能性も含めて、自分は誰か他の人に子育てへの協力を求められるのか考えておきましょう。

夫のいない間に自分で生活を楽しめるかも大切です。

夫婦での少ない時間が愚痴ばかりにならないよう、仕事で忙しい男性との結婚生活を現実的なものとして考えてみましょう。

職種によっては急に収入が減ることも

今の年収が1000万を超えていても、職種によっては急に収入が下がってしまうこともあります

歩合制だったり、ボーナスの占める割合が大きかったりすると、業績によってびっくりするほど年収に差が出てくる可能性があるのです。

また、流行りに乗って急成長したような業種ではブームが去ってしまうと、その仕事自体がなくなってしまうようなこともあるでしょう。

たとえ安定しているように見えても、どの職業でも100%大丈夫とは言えないことは知っておきましょう。

海外赴任や転勤、ついていく?

海外赴任や転勤

マリコ
マリコ

か、海外赴任…!考えたこともなかったな…

ハナオ
ハナオ

専業主婦でも共働きでも、大きく生活が変わってしまうもんね…

結婚してすぐに海外赴任が決まったというのは、実はあまり珍しい話ではありません。

その場合についていくのかどうかは、「その時考えればいいや」という問題でもないのです。

「離れて暮らすなんて嫌」なのか「海外での生活は嫌」なのか「欧米ならいいけどアジアなら嫌」なのか、女性としてもいろいろ思うことはあるはずです。

もちろん、男性の希望もあるでしょう。

とにかくしっかり話し合っておくことが大切です。

もし男性の勤め先で海外赴任が多いなら、どのような傾向があるのか聞いておくといいですね。

もちろん国内でも遠方に転勤になることがありますので、その場合も考えておきましょう。

多く稼げる人はいろいろな場所で求められるスキルを持っているため、出張なども多く、離れて暮らす可能性もあることを覚えておきましょう。

将来有望!年収1000万を稼ぐ素質がある男性の特徴

年収1000万を稼ぐ素質

「年収1000万レベルの男性と結婚したいなぁ~」と思っている女性にぜひ目を向けてもらいたいのが、「これから年収1000万を稼ぐ可能性が高い男性たち」です。

現実的に、20〜30代で年収1000万を超える男性を見つけるのは容易ではありません。

日本はまだまだ年功序列ですので、若いころは普通の年収でも、年齢とともにどんどん上がっていくことは多いのです。

将来1000万の年収が見込める有望な男性の特徴をいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コミュニケーション力があり、人脈作りが上手い

コミュニケーション力

仕事ができる男性は、たいていコミュニケーションスキルが高いです。

どんな相手とも対等な関係を築ける能力がある人は、目上の人からも可愛がられやすく、出世も早くなります。

仕事をしている女性なら分かるように、ビジネスの世界では「人付き合い」が大きなウェイトを占めるのです。

人にさえ好かれれば、困った時にも何かと助けてもらえて、あれよあれという間にいいポジションに就いていることも珍しくありません。

逆に、どんなに仕事が優秀だとしても、人付き合いが苦手な男性はなかなか大成できなかったりします(一部の特殊な職場を除く)。

将来年収1000万円級を狙うなら、友人や知人が多く、人脈作りが上手い男性を見つけてみましょう。

計算してやっているというより、本当に人が好くて屈託がなく、明るい男性を選ぶのがおすすめです。

決断力・行動力がある

「できる男」には、決断力や行動力があります。

仕事で大成功を収められるのは、何かアイデアが浮かんだ時に、それを温めるだけではなく実行に移せる人です。

そういう人は実際とても少ないからこそ、希少といえます。

ですから、何かを決断・行動する際に悩まない男性に目を向けてみてください。

周りからは「無謀だよね」とか「決断早っ!」と言われるような男性こそねらい目です。

まず決断して行動し、あとから微修正ができる人は、将来高年収が期待できますよ。

逆に、何かと優柔不断な人はなかなかチャンスをつかめず、パッとしないまま終わってしまうことが多いです。

ポジティブ思考でくよくよしない

ポジティブ思考でくよくよしない

常にポジティブでプラス思考の人は、仕事面でも成功しやすい傾向が見られます。

失敗や悩みごとにいつまでもくよくよせず、さっと反省して次に活かせるような男性は、時間を効率的に使えますし、何事にも恐れず挑戦していけるからです。

つまり、「嫌なことはすぐ忘れる」「いつ会っても明るくて前向き」な男性は、将来の高年収予備軍といえるでしょう。

さまざまな成功哲学でも、ポジティブさは成功するための大きなカギとして紹介されています。

マジメで、色々なことを深く考え込む男性より、前向きでどんどん新しいことにチャレンジしていける男性が「買い」ですよ。

まとめ:ハイスペック婚はデメリットも。しっかり考えて婚活を始めよう

努力が必要不可欠

このページでは年収1000万の男性との結婚は難しいのか、実現するにはどうすればいいのかをお伝えしてきました。

年収1000万も稼ぐ男性はとても少なく、その中でも独身となるとほとんどいないと言っていいほどです。

でも出会う可能性はゼロではないので、少しでも確率を高める方法で婚活を進めましょう。

結婚の実現にはあなた自身の努力が欠かせません

年収1000万の男性と釣り合う女性になれるよう、今回お伝えした方法をぜひ実行してみてくださいね!

婚活アプリや大手結婚相談所でうまくいかなかった方へ
あなたお一人に対して、2名の専任カウンセラーがあなたの婚活をサポート。 加えてハナマリユーザー限定で、成婚者のアドバイスが受けられます。 サポートは対面に加えて、オンラインでも実施。 だから外出自粛中でもあなたの婚活が前に進みます。
年収
hanamari_writer01をフォローする
ハナマリ|あなたに寄り添う婚活メディア
タイトルとURLをコピーしました