アフターコロナの婚活方法とは? >>

23歳・24歳女性の結婚はまだ早い?結婚してよかったこと大変だったことまとめ

23・24歳で結婚するには 年齢
マリコ
マリコ

23歳・24歳での結婚を考える女性にとって、早く結婚しても上手くいくのか気になるよね。

 

23歳・24歳での結婚のメリットやデメリットって?

 

失敗しない婚活方法って?

 

このページで詳しく解説するよ。

20代から始める本気のオンライン婚活婚活ハナコとタロウ

23歳・24歳で結婚したいと思っても、本当にうまくいくのか、そんなに早く相手を決めてしまって大丈夫なのかと不安がいっぱいではないでしょうか。

もうちょっと遊びたい気持ちもあるし、かといってのんびりしていて婚期を逃してしまうのも嫌ですよね。

確かに一般的には23歳・24歳での結婚は早く、心配になるのも当然です。

でもメリットはとても多いです。

そこでこのページでは23歳・24歳での結婚のメリットやデメリット、おすすめの婚活法をご紹介していきます。

23歳・24歳での結婚に対するあなたの不安をきっとなくすことができる内容となっていますので、最後までお読みくださいね!

今すぐ結婚相手を探したい方はこちら
相手を探してみる1 ページ内ジャンプ2

このページの要点をざっくり言うと

マリコ
マリコ

23歳・24歳での婚活って早すぎるかなぁ?

ハナオ
ハナオ

平均よりは早いけど、結婚したい時が婚活にぴったりのタイミングだよ!

23歳・24歳での結婚は平均と比べると早いです。

だからといってうまくいかないわけではなく、成長を共に感じられる、体力や時間に余裕があるなどメリットは多くあります。

逆にデメリットは経済面が大きいです。

結婚前に人生設計についてしっかり話し合っておきましょう。

23歳・24歳での婚活は、婚活パーティーや婚活アプリといった手軽なものから始めてみましょう。

いい相手に巡り合えそうになければ、真剣な交際ができる可能性が高い結婚相談所への登録に切り替えることをおすすめします。

23~24歳の結婚は早いのか?平均初婚年齢と結婚率から考える

結婚は早すぎるのか考える

ハナオ
ハナオ

女性の平均初婚年齢は29歳だよ。

マリコ
マリコ

24歳だと平均より5歳も早いんだね~!

女性の23歳・24歳での結婚は、平均と比較すると早いといえます。

厚生労働省の人口動態統計によると、女性の平均初婚年齢は平成30年時点で29.4歳です。

戦後には22.9歳だった平均値は年々上がり続けていますので、現在はもう少し高くなっていると予想されます。

参照:厚生労働省「調査の結果

同じく人口動態統計による婚姻率も年々低下しています。

婚姻件数は、第1次ベビーブーム世代が25歳前後の年齢を迎えた1970(昭和45)年から1974(昭和49)年にかけて年間100万組を超え、婚姻率(人口千人当たりの婚姻件数)もおおむね10.0以上であった。〔中略〕2016(平成28)年は、62万531組(対前年比14,625組減)と、過去最低となった。婚姻率も5.0と過去最低となり、1970年代前半と比べると半分の水準となっている。

引用元:内閣府「婚姻件数、婚姻率の推移」

2016年には過去最低を更新し、1970年台前半の約半分となっています。

また総務省の国勢調査によると、女性の25~29歳での未婚率は1985年の30.6%から2015年には61.3%に倍増しています。

それよりもさらに若い23歳・24歳ではまだ結婚していない人のほうがかなり多いことになります。

参照:内閣府「未婚化の進行」

このように、現在の日本では23歳・24歳での結婚は平均と比べて早いことがわかります。

平均年齢の28歳・29歳の婚活については以下のページを参考にしてください。

28歳・29歳の結婚は遅い?30歳までに結婚したい女性がやることは?
28歳・29歳での結婚は決して遅くはありません。でも30歳が迫っていて焦ってしまいますよね。このページでは28歳・29歳での結婚を実現するめたに、28歳・29歳で結婚できない女性の特徴と、結婚したい女性がやるべきことをお伝えします。

まだ結婚は早いかな?と悩むのは、若くして決断を迫られるから

まだ結婚は早いかな?と悩むのは、若くして決断を迫られるから

マリコ
マリコ

周りの友達がほとんど結婚していないと早く感じちゃうよね。

ハナオ
ハナオ

人それぞれ結婚のタイミングが違うから周囲に合わせる必要はないよ!

23歳・24歳はまわりの友人にも結婚している人があまり多くないとなると、「結婚したい」という気持ちがあっても「まだ早いのかな」と悩んでしまうこともあるでしょう。

結婚は「失敗してもいいや」と勢いでできるものでもありませんよね。

「この人となら結婚してもいいかな」という人が目の前にいたとしても、「もっといい人に巡り合えるかもしれない」とためらう気持ちが出てなかなか決断できないのは当然です。

だからといって、たとえば「20代後半になればいい人が現れる」という保証はどこにもないですよね。

先ほどの数字はあくまでも「平均値」で、誰もが結婚するのに適した年齢というわけではありません。

平均的な年齢になるまでは「まだ早い」と結婚をためらっていると、逆にいい人を逃してしまう可能性もあるので、早いことが悪いことではないのです。

先輩に聞く!23歳・24歳で結婚してよかったと思うこと

よかったと思う事まとめ

23歳・24歳で結婚した先輩たちは、どのような点がよかったと感じているのでしょうか。

一般的に言われているのは以下の4つのような点です。

成長を共に経験できる

ハナオ
ハナオ

お互い年齢が若い場合は、夫婦として一緒に成長できるよ。

マリコ
マリコ

早く結婚すれば、夫婦が一緒にいられる時間も長くなるよね。

まだ23歳・24歳なら大人としてのステップを一、二歩踏み出したばかりです。

成熟した大人にはまだまだ遠く、まわりからは頼りなく見えるかもしれませんが、ここからは成長していける未来が待っています

親や友人には相談できないことでも、結婚相手になら何でも打ち明けられますよね。

一緒に悩みながら少しずつ前に進んでいけばいいのです。

夫婦であり、自分の若い時に支えてくれた戦友でもある、そんな関係を築きやすいのも若いうちに結婚するメリットといえるでしょう。

人生設計にゆとりがある

人生設計にゆとりあり

ハナオ
ハナオ

人生設計にゆとりがないと、急いで決断しないといけないことが増えるよ。

マリコ
マリコ

結婚が遅くなればなる程、子どもを作るのも焦っちゃうよね。

結婚と恋愛の大きな違いには「その後の人生設計」を二人で考えていくかどうか、という点もありますよね。

「人生設計」というと難しく聞こえるかもしれませんが、夫婦がこれからどんな家に住もうか、子どもはどうしようか、などという未来の計画のことです。

もし家を購入するとなると、35年程度のローンを組むことになるでしょう。

23歳・24歳で具体的に人生設計ができていれば、たとえ収入は多くなくても無駄遣いをなくして少しずつでも貯金を始められます

「30代前半までにはマイホームを」など目標を早く設定することもできますよね。

結婚生活のスタートが早いことで、このような年齢の設定にもゆとりが持てます

何かと体力的に有利

マリコ
マリコ

子育てするなら、体力がある若いうちが良いよね。

ハナオ
ハナオ

子どもが社会人になっても、40代・50代だから、老後まで待たなくても好きなことができるよ。

女性は30代後半あたりになると「体力がなくなってきた」と感じる人が多いといわれます。

この年代からの出産・子育てとなると体力的にかなりダメージが大きくなってしまいます。

その点、23歳・24歳ならまだまだ体力もバッチリ

家事や子育てにと忙しい時期でも、多少無理がきく年齢です。

もちろん個人差がありますが、妻として、母としてバリバリ頑張るために体力的に有利なのは大きなメリットといえるでしょう。

家事や育児は手探りでOK

家事育児は手探りでOK

まだ23歳・24歳なら家事や育児を完璧にこなすことを目指す必要はありません

できなくて当然!」と開き直って、手探りで少しずつ進んでいきましょう。

まわりからは「まだ若いんだから」と大目に見てもらえることもあります。

当然、年齢を重ねれば家事や育児ができるようになるわけではありません。

でも、ある程度の大人になると「その歳になって、こんなこともできないの?」という目で見られてしまうことも。

逆に23歳・24歳では「若いのにこんなに頑張ってすごい」と思われることも多いはず。

若いとアドバイスをもらえることも多くあります。

スタートが早いだけで得することがあるんですね。

23歳・24歳で結婚は厳しい?大変さを乗り越える秘訣は?

大変さを乗り越える秘訣とは

23歳・24歳での結婚のいい点ばかり見てきましたが、大変なところも当然あります

以下の4点について、対処法も含めてみていきましょう。

貯金・収入が少なく経済的に苦しい

ハナオ
ハナオ

若い時の結婚の大きなデメリットは収入面だね…。

マリコ
マリコ

旦那さんが若いと共働きも覚悟しないといけないのね。

まず経済面でのデメリットがあります。

23歳・24歳ではまだ貯金も収入も少ないでしょうから、将来的に大丈夫かなと不安になってしまうかもしれません。

もし十分な収入がないのであれば、無駄遣いを徹底的に減らす、しばらくは共働きを続けて貯金を少しでも増やすなど、二人で協力していきましょう

結婚式や新婚旅行、新居の家具・家電などの費用も「本当に必要かな?」と冷静に考えてみることで大幅に減らすことができます。

まだ23歳・24歳で独身なら派手に使ってしまう人も多いものです。

ここで財布の紐を締めることができれば、将来的に貯金をかなり増やすことも夢ではありません!

若くして自由な時間が少なくなる

若くして自由時間が減る

マリコ
マリコ

周りの友達が遊んでいるのを見ると、羨ましく感じるかも…。

ハナオ
ハナオ

夫婦で仲良く遊びにでかけたり、一緒に趣味を楽しんだりすると良いよ~。

23歳・24歳で独身であれば、自分で自由にできるある程度のお金と時間があり、それを全て遊ぶことに使ってしまうことも可能です。

ただ結婚してしまうとそういうわけにはいきません。

派手に遊んでいる友人を見て「うらやましい」と思ってしまうこともあるでしょう。

でも夫婦で二人の趣味を持てば、そこにお金をある程度かけることができるので、独身の頃よりも充実した時間を楽しむことができるはずです。

また子育てが早く終わることが多いので、子供が独り立ちした後に大人の趣味をまたゆっくり始められるというメリットもあります。

25歳・26歳・27歳の結婚はどうなの?と気になった方はこちらをご覧ください。

25歳・26歳・27歳女性は結婚を焦る?結婚ラッシュの時期でも迷わない方法とは?
25歳・26歳・27歳は結婚ラッシュで結婚を焦ってしまう年齢。だからといって流されて結婚してしまうことがないよう、自分に問いかけておきたいことや彼氏がいない場合の対処法をお伝えします。

パートナーの遊びに悩まされる

マリコ
マリコ

女遊びしない旦那さんなら大丈夫じゃないのかな?

ハナオ
ハナオ

女遊びの心配がなくても、男子はまだまだ遊びたい年頃だから、奥さんよりも同性の友達との遊びを優先させちゃうかも…。

23歳・24歳での結婚では、パートナーも若くまだまだ遊びたいことも多いでしょう。

一つ目のデメリットとして紹介した通り、経済的な不安も多い中で遊びにお金を使われてしまうのは避けたいところです。

「お金がないから遊ばないで」と言っても聞いてもらえるとは限りません。

二人の関係が悪くなる原因にもなるので、遊びを禁止するのではなく二人でできる共通の趣味を見つけることが一番の秘訣です。

なかなかお金をかけなくても、趣味の話で盛り上がるだけでもとても充実した時間を二人で過ごすことができます。

女性はキャリアを積みにくくなることも

女性はキャリアを積みにくくなることも

マリコ
マリコ

せっかくやりたい仕事に就いたのに、結婚すると続けられないのかなぁ。

ハナオ
ハナオ

子どもを出産すると、女性は仕事を諦めないといけないことが多いから、仕事が好きなら慎重にね。

日本ではまだ結婚や出産で仕事を辞めてしまう人が多く、それを避けるためにそもそも女性に重要な役職を与えにくい傾向があります。

特に出産に関しては男性が代わるわけにはいかないので、「子どもとキャリアのどちらを取るか」の選択を迫られる場面もあるでしょう。

「結婚すること=子どもを持つこと」ではなくなっている今、キャリアを積んでいくことを選ぶのは何も特別なことではありません

この点は結婚前に人生設計を話し合っておくことが大切です。

子どもを持たない、子育てをする女性を積極的にバックアップしてくれる会社に移るなど、自分たちがどのような道を選んでいきたいのか、何度も話し合うようにしましょう。

23歳・24歳の結婚で後悔しないためにすべきこと

上でご紹介したように、23歳や24歳での結婚には「若いからこそのデメリット」もあります。

特に平均初婚年齢が上がり続けている今、周りの友達より一足先に結婚することには「不安の方が大きい」と感じる女性も多いかもしれませんね。

しかし、若くして結婚しても幸せになっている人はもちろんたくさんいます。

20代前半の結婚で幸せになるためには、何につけても「覚悟をもつ」ことが大切です。

後で「こんなはずじゃなかったのに…」と後悔しないためにすべきことをご紹介していきます。

結婚を考える相手はしっかり見ておく

若い年齢での結婚でよくある失敗が、「相手を見る目が十分ではなかった」というものです。

特に20代前半の女性は、基本的にどの年代の男性からもモテますので、男性がみんな優しく見えることがあります。

何かと気遣ってもらうと、「いいな」と思ってしまいますが、必ず何度か会って「価値観や考え方が合うか」「一緒に生活をしていけるか」などを具体的にイメージすることが大切です。

実際、フタを開けてみたらモラハラ男だったというケースも少なくないため、十分に時間をかけて相手を見極めましょう。

逆に、男性を選べる立場だからといって、1度しか会ってないのに「ナシ!」と簡単に切り捨てるのも、本当にいい人を見逃してしまう可能性があります。

何度か食事やデートをして、相手をよく知る努力をしてみてくださいね。

目の前の結婚に憧れだけで飛びつかない

若くして結婚する女性の中には、昔から「お嫁さんになること」に憧れていた人が少なくありません。

その場合、目の前に結婚のチャンスがあると飛びつきたくなると思いますが、冷静になって考える時間を持つことが大切です。

特に若いころは、どうしても恋愛感情だけで結婚に走ってしまいがちですが、付き合っている間は「恋は盲目」で見えなかった欠点も、一緒に生活するとどんどん気になってきます。

「彼が好き!」という感情だけでなく、相手の性格や価値観、収入、家事・育児に協力してくれそうか、義両親はどんな人なのか、など、本当に相手と生活を共にできそうかよく考えた上で結婚を決めましょう。

自分のやりたいことに折り合いをつける

先にもご紹介したように、若くして結婚した女性は「キャリアを積みにくくなる」というデメリットがあります。

特に子供が生まれると、自分の時間は確実に減りますので、勢いだけで結婚すると後悔することも。

キャリアをあきらめることなく20代前半で結婚するなら、「仕事である程度の足場を築くまでは子供を作らない」「夫とよく話し合って協力を取り付ける」などの工夫が必要です。

もしくは、「自分のキャリアにはこだわらない」という覚悟をもつのも1つの選択ですし、「子育てが落ち着いてから復帰できるよう目標を立てる」のもいいでしょう。

とにかく、自分のやりたいことに折り合いをつけてから結婚するのが後悔しないコツです。

家計面の計画について十分話し合っておく

20代同士で結婚する場合、どちらもまだ収入が低いことが多いため、余裕のある生活はあまり期待できないかもしれません。

ですから、「貯金はどうするか?」「子どもができたら仕事はどうするか?」「家計のやりくりはどうするか?」など、お金のことを十分話し合っておくことが大切です。

もちろん、パートナーの金銭感覚やお金の使い方にもしっかり目を向ける必要があります。

あればあるだけ使ってしまう散財型の人と結婚すると、苦労することになりかねません。

もしパートナーがそのタイプであれば、結婚を考えなおすか、結婚するなら「お小遣い制にして、自分が家計を管理する」方向で話し合いを進めた方が安心です。

お金の問題が原因での離婚は多いため、妥協せずしっかり話し合っておきましょう。

23歳・24歳の婚活方法。真剣交際を望むなら結婚相談所へ

真剣交際を望むなら結婚相談所へ

マリコ
マリコ

23歳・24歳で結婚相談所~?

ちょっと早すぎない?お金もかかるよね…

ハナオ
ハナオ

女性の入会者は30代以上が多いから、20代女性はかなり有利だよ。

有利な時に始める本気の婚活婚活ハナコとタロウ

23歳・24歳で結婚したいと思っても、真剣に将来を考えて交際できる相手を自分で見つけることは少し難しいかもしれません。

同世代の男性はまだ結婚を考えている人は少ないですし、23歳・24歳の女性は少し年上の男性からは結婚相手として見られにくいものです。

そこで23歳・24歳の婚活には、結婚相談所への登録をおすすめします。

20代前半で、結婚相談所?と思うかもしれませんね。

事実結婚相談所の登録者は30代以上が多いのですが、20代が少ない分だけ、入会するとすぐにお見合い申し込みをしてもらえる可能性もあります。

【比較】結婚相談所おすすめは?人気結婚相談所10社を仲人が解説
大手結婚相談所に入会中の方必見。各相談所のメリットデメリット、会員数、成婚率などを現役仲人が徹底比較。自分に合った結婚相談所が見つかりますよ。

婚活パーティーは23歳・24歳には早い?

マリコ
マリコ

婚活パーティなら20代のイベントも多いし、たくさん参加できそう!

ハナオ
ハナオ

23歳・24歳の若い人向けのイベントは、婚活より恋活目的が多いんだ。

 

参加している男性は結婚まで意識していない人もたくさんいるよ。

婚活パーティーは参加料のみ払えばいいので、結婚相談所に比べれば気軽に参加できます

男性より参加料も安いことが一般的です。

ただ23歳・24歳のような若年層向けのパーティー自体は少なくはありませんが、結婚を意識したものは少ないのが現状です。

また参加者の多いパーティーでは、限られた時間内にとても多くの男性と話をしなければなりません。

参加人数の少ないパーティーでは自分に合う人を見つけられる可能性が減ってしまうため、何度も参加することになるでしょう。

婚活アプリは遊び目的の利用者に注意

ハナオ
ハナオ

マッチングアプリは遊び目的の人もいるから気を付けよう。

マリコ
マリコ

注意して利用しないといけないね。

婚活アプリも利用する人が増えています。

女性の場合は無料で利用できるものもあり、自分が望む相手の条件を入力するだけで理想の相手が見つかる可能性があります。

ただ、利用する男性には既婚者や、いわゆるヤリモク(性行為を目的としている人)など、単に遊びたいだけの人も存在します。

そういった利用者を見抜くことは難しいので注意が必要です。

まとめ:23歳・24歳での結婚にはメリットのほうが多い

2324歳はメリットの方が多い

このページでは、23歳・24歳での結婚は早いのか、またそのメリットやデメリットについてご紹介してきました。

23歳・24歳というと平均と比べると、結婚するにはまだ早いと思ってしまうかもしれません。

でもメリットは多くありますし、デメリットも夫婦で協力していくことで乗り越えていくことは難しくないはずです。

もし23歳・24歳での結婚を真剣に考えて相手を見つけたいのであれば、まずは手軽な婚活パーティーや婚活アプリなどを利用してみましょう。

そこで手ごたえがなければ結婚相談所への登録をおすすめします。

結婚生活がうまくいくかどうかは、単に年齢だけで決まるものではありません。

23歳・24歳でもお互いを高め合えるような素敵なパートナーと巡り合えるといいですね!

 外出自粛中に!お家でできる婚活方法3選 

ハナコのプロフィール婚活ライターハナコ

1位の王冠No.1 ユーブライド \累計会員190万人/

結婚に真剣な会員が多いから安心♪独身証明の提出が可能

2位の王冠No.2 ペアーズエンゲージ \初顔合わせはスマホでOK/

あなたに合ったお相手を毎日紹介!プロが24時間サポート

3位の王冠No.3 マリッシュ アプリ内で通話可能

再婚活の方を応援!女性会員は無料で利用できる♪

婚活アプリや大手結婚相談所でうまくいかなかった方へ
あなたお一人に対して、2名の専任カウンセラーがあなたの婚活をサポート。 加えてハナマリユーザー限定で、成婚者のアドバイスが受けられます。 サポートは対面に加えて、オンラインでも実施。 だから外出自粛中でもあなたの婚活が前に進みます。
年齢
hanamari_writer01をフォローする
ハナマリ|あなたに寄り添う婚活メディア
タイトルとURLをコピーしました