アフターコロナの婚活方法とは? >>

【30代女性必見】年収500万円男性との婚活を楽に進める5つのポイント

年収500万円の男性との結婚 年収
マリコ
マリコ

正直、結婚するなら年収500万円くらいが最低ライン!

けど、ライバルも多そうだし本当に年収500万円で幸せになれるのかな?
500万円台の男性と効率的に出会うために押さえておきたい、5つのポイントって?

年収500万円台のお相手探しに婚活ハナコとタロウ

結婚する相手についての条件を考えたときに、「少しでも年収が高いほうがいい」というのが本音ですよね。

もちろん相手を選ぶ条件はそれだけではないにしても、結婚したあとにお金で苦労する生活が見えている相手とは、結婚は考えたくないものです。

そこで、高望みはできないとしても「このくらいあるといいな」というラインとしては、「年収500万円」という数字が頭にうかぶのではないでしょうか。

そこでこのページでは、年収500万円の男性との結婚は難しいのか、また実現させるために具体的に何をすればいいのか5つの方法を詳しくお伝えします。

しっかり行動できれば、理想の相手が見つかる可能性がぐんとアップしますよ!

今すぐ結婚相手を探したい方はこちら

婚活アプリで相手を探す

結婚相談所で相手を探す

このページの要点をざっくり言うと

マリコ
マリコ

やっぱり、年収500万円の男の人と結婚するって難しいのかな?

ハナオ
ハナオ

本気で結婚したいなら、妥協せずに素敵な人を見つけるコツを学んでおかないとね!

30代前半までの男性の平均給与は500万円に届いておらず、それ以上の年齢では既婚者が多くなるため、年収500万円以上の独身男性との結婚は簡単だとは言えません

年収500万円の男性との結婚を実現させるためには、相手の年齢層を上げる年収以外の条件を緩めると同時に、どのような職種が将来的に安定した収入が見込めるのかという情報収集が大切です。

年収500万男性と結婚できる確率は?どれくらい難しいのか?

年収500万男性と結婚できる確率

国税庁の調査によると、民間企業で働く男性の平均給与(平成30年)は以下のようになっています。

  • 20~24歳…284万円
  • 25~29歳…404万円
  • 30~34歳…470万円
  • 35~39歳…528万円
  • 40~44歳…581万円
  • 45~49歳…635万円

引用元:国税庁「平成30年分 民間給与実態統計調査」

平均給与が500万円を超えてくるのは30代後半からです。

20代後半でやっと400万円に届く程度なので、年収500万円の20代男性と出会うこと自体が難しいとわかります。

逆に40歳前後であれば平均が500万円以上ありますので、それほど珍しい存在ではないということです。

マリコ
マリコ

それを聞いたら、更に上も目指したくなってきた…!

ハナオ
ハナオ

そんな人には、こっちの記事もおすすめだよ!

年収1500万円の男性と結婚するのは無理?玉の輿に乗るために今から出来ること5つ
結婚したい!でも、どうせならより高い年収の人がいい!となると、夢は1000万、1500万円くらいの人になってくるよね!アプリにはそんな人が沢山いるけど、詐欺も多いだろうし… 玉の輿に乗るために、今すぐできる婚活方法って?

年収500万男性は婚活市場に少ないのが現実

マリコ
マリコ

アプリを見ても嘘みたいな年収の男性ばっかり…

本当の年収500万はどのくらいいるの?

ハナオ
ハナオ

結婚相談所なら、半分以上が年収500万円以上の男性だよ!

次に結婚相談所に登録している男性のデータを見てみましょう。

日本結婚相談所連盟によると、男性会員の年収は500万円以上が6割を超えています。

引用元:日本結婚相談所連盟 「男性会員データ」

ただし、こちらは大学(院)卒の首都圏在住の男性会員に限ったデータです。

約3割が高卒と専門・高専卒であることや首都圏は給与が高いことを考えると、実際はもっと少ないでしょう。

また8割以上が35歳以上、そのうち半数程度が45歳以上というデータもあります。

年齢別の収入は不明ですが、35歳未満で年収500万円を超えるとなると、あまり多くないと考えるのが無難でしょう。

結婚相談所は高額な費用がかかるため、年収が多い男性が集まりやすいですが、それでも中高年以外で年収500万円超えは少ないのです。

年収が高い人は生活が安定しており、結婚相談所を利用することなく自然な出会いで早めに結婚しているということです。

20代女性との競争は避けられない

20代女性との競争は避けられない

年収500万円台の男性との結婚を希望するのであれば、20代女性との競争を避けて通ることはできません

年齢別の給与データからも分かるように、30代前半までは年収500万円超えの男性の数は十分とはいえません。

逆に女性はどの年齢でも、できれば男性の年収は高いほうがいいと望んでいますよね。

特に結婚願望が強く数も多い20代後半の女性とは、どうしても競争することになってしまいます。

年収500万円台の代表的な職業

年収500万円台の代表的な職業

国税庁の調査による業種別の平均給与を見てみると、業種別に給与に非常に大きな差があることが分かります。

平均給与が500万円を超えている業種をピックアップしてみました。

  • 製造業…507万円
  • 金融業・保険業…615万円
  • 電気・ガス・熱供給・水道業…747万円
  • 情報通信業…599万円
  • 学術研究・専門・技術サービス業、教育・学習支援業…510万円

引用元:国税庁「平成29年分 民間給与実態統計調査」

全部で14の業種に分けて情報が出ていますが、平均年収が500万円を超えていたのは以上の5つだけでした。

もちろん細かな職種に分けるともっと差がありますし、その中でもどのような仕事をしているかによって個人差がとても大きくなります。

マリコ
マリコ

インフラ関係の人が意外に年収高めなんだね!

より出会いやすい職業の人はどれかな~…

ハナオ
ハナオ

分かりやすいのでいえば、銀行職員みたいな金融関係の人は会うチャンスも多そうだよ!

その職業に未来はあるのかは要チェック

結婚相手を選ぶとなると、将来的に安定した収入を得られるのかという点こそが、現在の年収よりも大切なポイントとなってきます。

いま年収が多くても、お店の経営をしていたりフリーランスとして働いていたりするなど、将来的に今の収入が続く、もっと増えるという保証が得られない職業では不安がよぎってしまいます。

もちろんフリーランスでも個人のスキルがとても高く、引く手あまたで活躍できる未来が見えている人材であれば問題ないでしょう。

どのような職種がこの先必要とされてくるのか、逆に今後需要が下がってくると思われるような業界はどこなのか、経済のニュースにもアンテナを張って情報収集をしておくといいですね。

年収500万円台の結婚生活は?専業主婦になれる?

専業主婦になれる?

それでは年収500万円台の男性と結婚した場合はどのような生活になるのでしょうか。

「年収」は総支払額なので、年収500万円の場合で手取りは380万円程度になると考えるといいでしょう。

総務省の調査結果をご紹介します。

2017年の二人以上の世帯(平均世帯人員2.98人,世帯主の平均年齢59.6歳)の消費支出は, 1世帯当たり1か月平均283,027円で,前年に比べ名目0.3%の増加となった。

引用元:総務省「家計調査報告(家計収支編)平成29年(2017年)I 家計収支の概況(二人以上の世帯)」

2人以上の世帯での1か月の消費支出平均は約28.3万円ということです。

単純に12倍すると約340万円です。

しかしこちらは世帯平均人数が約3人、世帯主の平均年齢も高いデータなので、夫婦2人ならもっと少なくて済むと考えられます。

実際に内訳を見ると食費に7万、教育費に1万と減らせそうな出費があります

注意するべきなのは、こちらの消費支出には住宅ローン返済の金額は入っていないことです。

そのため家賃支出は平均で8千円弱ととても少なくなっています。

減らせる額と家賃を考えると月に25~28万円程度が無難な数字でしょう。

年収500万円あれば貯蓄する余裕はありそうです。

子供を持つ、家を買うという将来的な支出を考えると、少しでも多く貯めておいたほうがいいので、「専業主婦でも余裕!」と軽く考えていると苦しくなる可能性もあります。

マリコ
マリコ

食費に7万はさすがに多いかな?ちょっとずつ減らしていけば、余裕のある暮らしも出来そうだね!

ハナオ
ハナオ

そうそう、その心意気が大切だよ!

今からでもできる!年収500万円の結婚相手を見つける7つの方法

年収500万円の結婚相手を見つける5つの方法

年収500万円の結婚相手を見つけるために、今からでもできる7つの方法を伝授します!

結婚相手の年齢層をあげる

引け目に感じている点を受け入れる

マリコ
マリコ

やっぱり相手の希望年齢を上げるべきなのかな?

ハナオ
ハナオ

そこは君次第!もし出来るだけ早く結婚したいのなら、少し視野を広めるのもアリだよ!

年齢別の平均給与では35歳以上で500万円を超えてくるとお伝えしました。

つまり、結婚相手のターゲットを35歳以上に上げるだけでグッと500万円超えの男性と結婚できる可能性が上がります。

結婚相手は「自分と年齢が近い人」と思ってしまうかもしれませんが、ほんの少し年齢層を上げるだけで年収が大きく変わることは知っておきましょう。

相手のコンプレックス・引け目に感じている点を受け入れる

コンプレックスを受け入れる

男性がコンプレックスに感じていること、結婚するにあたって引け目に感じている点を受け入れることも大切です。

容姿だけでなく、離婚歴がある、親と同居が条件になっているなど、女性が敬遠しそうな点を問題として抱えている男性は少なくありません。

もちろん「親と同居だけは絶対に嫌」など、あなた自身が譲れないものを我慢する必要はありません

そこを妥協してしまうのは後に離婚の原因になってしまう可能性大ですよね。

離婚歴のある男性も避けることはありません

最近では離婚自体が珍しくないですし、失敗したからこそ結婚生活をうまく続けていくための努力ができる男性である可能性も高いです。

今は「ちょっと…」と思っても、長い目で見たときに「本当に嫌なのか」を冷静に考えてできるだけ受け入れていくようにしましょう。

県外へ活動範囲を広げる

マリコ
マリコ

私、家の近くで相手を探してるんだけど全然いなくて…

ハナオ
ハナオ

もし住んでいるところにこだわりがないのなら、

一旦他の地域の人と会ってみるのもアリだよ!

出会いを求めるなら、今住んでいる地域だけにこだわるのはやめましょう

結婚は相性によるところが大きく、条件の良い男性が仮にいてもあなたと相性がいいとは限らないので、狭い範囲だけでは相手が見つからないかもしれません。

婚活アプリや婚活パーティー、結婚相談所の利用を考える場合でも、相手の居住地の条件を今よりもっと広げましょう。

結婚後に全く知らない土地への転勤の可能性もありますよね。

それなら結婚当初から今とは離れた土地で暮らすことになってもそれほど問題はなく、今の居住地にこだわる必要はないと考えましょう。

今すぐ結婚相手を探したい方はこちら

婚活アプリで相手を探す

結婚相談所で相手を探す

自分磨きをする

自分磨きをする

マリコ
マリコ

やっぱり自分磨きは欠かせない要素だよね!

ハナオ
ハナオ

相手に選ばれるために、自分自身も努力を忘れずにいこうね!

年収500万円の男性と結婚するには、あなたが自分に自信を持てるような魅力的な女性であることも大切です。

ダイエットをする、メイクを研究するなどの外見磨き、家事や料理といった結婚後に役立ちそうなことを学ぶなど、できるものは今すぐにでも始めましょう

男性にばかり年収の良さを求めるのではなく、その男性に選んでもらえるような魅力があなたにあるかどうか、自分を見つめてみてください。

小さなことからでも自分磨きを始めて、内側からキラキラ輝くような女性を目指しましょう。

将来的に500万円を超える職業の人と交際する

今の年収が500万円を超えていることを絶対条件とする必要はありません

たとえば20代の男性なら、安定した職業についていればこの先年収のアップが期待できます。

将来的に500万円を超えてきそうな人を見極めてお付き合いするようにしましょう。

どのような業種・職種がこれから伸びてきそうなのか、といった情報収集も大切です。

単に今の年収に振り回されて判断せず、将来的に安定した収入が見込めそうなのかが判断できるだけの目を、あなた自身が持つことが重要です。

マリコ
マリコ

年収700万、800万の人とかってどこに行けば出会えるんだろう?

ハナオ
ハナオ

そのあたり、色々と調べてみたよ!

【これで安心】年収800万の男性と結婚するために押さえておきたい7つのポイント
出来ることなら、年収800万の男の人と結婚したい!でも正直、ただ待っているだけではそんな人現れなさそう…「いつか出会いたい」を「今、出会う」に変えるために出来ることって?

年収制限のある婚活パーティーに参加する

婚活パーティー・お見合いパーティーの中には、参加者の年収制限を設けているものもあります。

特に男性の年収を高めに設定したパーティーは、女性たちから大人気です。

年収500万円以上はもちろんのこと、800万円以上・1,000万円以上限定のパーティーもあります。

「ハイステータス」や「エグゼクティブ」などの名前がついていることが多いので、高収入狙いの女性はぜひチェックしてみてください。

ただし気をつけたいのが、ほとんどのパーティーでは年収は自己申告制だということです。

いずれバレることなので正直に書く男性が多いとは思いますが、身につけているものや振る舞い、会話の内容などに矛盾がないか見極めることが大切ですよ。

結婚相談所で年収500万円台の男性のみを紹介してもらう

年収500万円台の男性と確実に出会いたいなら、結婚相談所への登録がおすすめです。

相談所であれば、入会時に源泉徴収票や確定申告書などによる収入確認を必ず行ないますので、こちらが探りを入れる必要はありません。

ちなみに、独身証明書も提出するため、既婚者と出会ってしまう心配もありませんよ。

また結婚相談所は、婚活アプリと違ってスタッフのサポートが付いているのも心強いポイントです。

あらかじめ「年収500万円台の男性が希望です」と伝えておけば、条件に合った人を紹介してもらえますし、プロのアドバイスを受けながら効果的なアプローチができます。

ここも見て!年収500万円の男性と出会った時のチェックポイント

婚活でうまく年収500万円の男性と出会えたら…うれしくて猛アタックしてしまうかもしれませんね。

しかし、年収の数字だけに注目するのは少し危険です。

中には、稼いだら稼いだ分だけ使ってしまう男性もいますし、高収入を得るためにプライベートの時間を犠牲にしている男性もいます。

婚活の目的は結婚そのものというより、結婚して幸せになることですよね!

幸せな結婚生活を送るために、年収500万円の男性と出会った時にチェックしたいポイントをご紹介していきます。

手の金銭感覚は?ギャンブルはNG

まずチェックしたいのが、お金の使い方です。

いくら500万円稼いでいても、趣味やギャンブルにほとんどを費やしている男性との結婚には不安がよぎります。

たとえ20代で年収500万円を稼いでいるとしても、本人の金銭感覚によっては経済的に安定しているとは限らないのです。

計画的に貯金をしているか、ギャンブル癖がないか、借金はないか、浪費癖がないかなどは必ずチェックしておきましょう。

特にギャンブルを日常的にしている様子のある男性は、要注意です。

また、よく分からない理由で作った借金の多い男性も、注意深く見極める必要があります。

それならむしろ、年収400万円でも堅実に暮らしていて、しっかり貯蓄をしている男性のほうが結婚相手としては安心ということもありますので、よくチェックしてみてください。

相手が勤めているのはどんな会社?

年収だけでなく、相手の職種や、どんな会社に勤めているかをチェックすることで、結婚後の生活を具体的にイメージしやすくなります。

たとえば、年収500万円でも残業ばかりで休日出勤も多い会社の場合、家族の時間が取れない可能性が高いでしょう。

その会社の福利厚生や休暇制度などがしっかりしているか、相手にそれとなく確認しておきたいですね。

また、自営業や体を使う職業など、妻のサポートが重要になる仕事もありますので、そのあたりもしっかりチェックしておきたいところです。

さらに、会社が上場企業かどうか、もしくは小さくても大手のグループ会社かなども確認すると、将来性をある程度はかることができます。

今は良くても、安定性に欠ける仕事もありますので、できる範囲で見極めておくと安心です。

まとめ:簡単ではないが、年収以外の条件を緩めれば500万円男性は見つかる

条件を緩めれば見つかる

このページでは、年収500万円の男性との結婚は難しいのか、実現させるために何をすればいいのかをご紹介してきました。

男性の平均年収は35歳以上で500万円を超えてくるため、最初から年収500万円の男性との結婚を実現させることは簡単ではなさそうです。

ただ、相手の年齢層を上げてみたり、親と同居などの年収以外の条件を受け入れたりするなど、より実現しやすい条件に出会いの質を変えることで結婚が見えてきます。

あなた自身も自分磨きを怠らず、いろいろな情報にアンテナを張っていれば将来性のある男性との出会いもきっと訪れるでしょう!

マリコ
マリコ

相手の条件をちゃんと見極めて、素敵な男性と出会うぞ~!

ハナオ
ハナオ

頑張ってね!応援しているよ!

婚活アプリや大手結婚相談所でうまくいかなかった方へ
あなたお一人に対して、2名の専任カウンセラーがあなたの婚活をサポート。 加えてハナマリユーザー限定で、成婚者のアドバイスが受けられます。 サポートは対面に加えて、オンラインでも実施。 だから外出自粛中でもあなたの婚活が前に進みます。
年収
hanamari_writer01をフォローする
ハナマリ|あなたに寄り添う婚活メディア
タイトルとURLをコピーしました