アフターコロナの婚活方法とは? >>

【難しい】年収700万の男性と結婚するのは正直高望み?年齢別の婚活方法まとめ

年収700万円の男性との結婚 年収
マリコ
マリコ

結婚する相手の年収が700万もあれば、何があっても大丈夫な気がする!

でもやっぱり700万は高望みなのかな?

みんなが知らない、年収700万男性と効率的に出会う方法って?

結婚するなら年収は700万円くらいある男性がいいと思っていませんか?

でも、実際の男性の収入がどれくらいなのか、はっきり分かりませんよね。

しかも年収700万円が余裕で生活していける水準なのかも疑問です。

そこでこの記事では男性の年収の実状と年収700万円の生活水準、結婚を実現させるために具体的にどうすればいいのか詳しくご紹介します。

理想の結婚相手をゲットするために、ぜひ参考にしてくださいね!

今すぐ結婚相手を探すなら

婚活アプリで相手を探す

結婚相談所で相手を探す

このページの要点をざっくり言うと

革靴を履く男性

婚活女性のターゲットとなる30代前半の男性では、年収700万円はかなり少ないのが実状です。

ただ、婚活市場には年収の高い男性も集まる傾向があるので、結婚相談所などを賢く利用しましょう。

男性に選ばれる女性になるためには、年齢に応じたアピールの仕方があります。

どの年齢でも男性が好むのは、家に帰ってきて癒してくれるような女性です。

待っているだけでは結婚は実現できません。

自分磨きを怠らず、理想の結婚相手を見つけましょう。

年収700万の男性はレア!?どんな人が年収700万円以上?

どんな人が年収700万円以上

マリコ
マリコ

正直、同年代で年収700万の人ってそんなに居ない気がする…

ハナオ
ハナオ

やっぱり700万となると、そこそこ良い会社に入ったり努力を続けないと難しいよね…

年収700万円の男性はあまりいないのでしょうか。

まず、男性の年収の現状を知るために、年齢別の平均年収と高収入が期待できる職種、婚活市場における男性の収入についてご紹介します。

もはや平均年収は700万以下しかいない!?

もはや平均は700しかない

国税庁の調査によると、民間企業に勤める男性の年齢別の平均給与は以下のようになっています。

年齢 平均給与
25~29歳 404万円
30~34歳 470万円
35~39歳 528万円
40~44歳 581万円
45~49歳 635万円
50~54歳 682万円
55~59歳 686万円

引用元:国税庁「平成30年分 民間給与実態統計調査」

一番高収入の50代でも、平均給与は700万円に満たないことが分かります。

婚活中の女性の多くがターゲットとする30代前半では500万円にも届いていません。

この年齢で年収700万円の男性を見つけること自体が難しく、結婚はなかなか実現するものではないといえます。

マリコ
マリコ

ええっ、そうなんだ!?

でも確かに、平均でみれば700万円にいくのは厳しそう!

ハナオ
ハナオ

600万円台なら届かない数字ではないけれど、正直厳しいのかも…

年収600万円の男性と結婚する方法はある?最高の相手を見つけるための5つのポイント
結婚する相手の年収は、やっぱり600万円くらい欲しい! でも正直、同年代にはなかなかいなさそう… 年収600万円台の男性を見つけて、幸せに結婚するコツって?

年収700万を超える職種は?人気職業では難しい?

年収700万を超える職種は

先ほどと同じ国税庁の調査によると、業種別の平均給与で高いものは次の3つです。

職業 平均給与
電気・ガス・熱供給・水道業 759万円
金融業・保険業 631万円
情報通信業 622万円

引用元:国税庁「平成30年分 民間給与実態統計調査」

インフラ系のみ700万円を超えていますが、このデータは女性も含むためあとの2つも男性なら平均は700万円に近いでしょう。

他の業種では500万円に満たないものも多くありました。

もっと確実に高収入を狙うなら上場企業勤め、歯科医師や弁護士、公認会計士などがおすすめの職種です。

条件付きお見合いパーティーなど、限られた職種の男性しか参加できないような場もあるので、上手に利用しましょう。

婚活市場の年収700万男性は意外と多い!

パソコンを叩く手元と眼鏡

男性全体のデータを見ると、貴重な年収700万円の男性との結婚は高望みし過ぎかと思ってしまいますよね。

でも結婚相談所に登録している男性に限ってみると、意外と多いことがわかります。

日本結婚相談所連盟の男性会員のデータ(2019年2月時点)を見てみましょう。

収入 人数
399万円以下 4,512人
400~499万円 5,438人
500~699万円 9,008人
700~999万円 4,927人
1,000万円以上 2,944人
合計 26,829人

引用元:日本結婚相談所連盟「婚活会員データ」

700~999万円が2割弱、1,000万円超えと合わせると約3割が700万円以上の収入があるということです。

このように結婚相談所に登録している男性は比較的年収が高い傾向にあります。

ただ、年齢層も高いので同年代や年下は狙いにくいという特徴もあります。

マリコ
マリコ

一番多いのは500万円台の男性なんだね!なんか意外…

ハナオ
ハナオ

年収500万円の場合でも、夫婦共働きなら充分暮らしていけるよ!

詳しくはこの記事を読んでみてね!

【30代女性必見】年収500万円男性との婚活を楽に進める5つのポイント
正直、結婚するなら年収500万円くらいが最低ライン!けど、ライバルも多そうだし本当に年収500万円で幸せになれるのかな? 500万円台の男性と効率的に出会うために押さえておきたい、5つのポイントって?

年収700万円の結婚生活のリアル。海外旅行も余裕で行けちゃう?

年収700万円の結婚生活のリアル

そこで年収が700万の結婚生活はどのような水準になるのか、具体的な数字を挙げて解説します。

年収700万円では手取りが550万円程度となります。

月の所得が約38万円、ボーナスは45万円が2回として考えてみましょう。

今すぐ結婚相手を探すなら

婚活アプリで相手を探す

結婚相談所で相手を探す

食費に月7万以上使える。外食も頻繁に可能

更に盛られたトマトパスタ

夫婦二人でリッチに生活したいなら、食費に月7万くらいは使えます。

仮に1人1日1,000円、2人で2,000円だとすると、月に6万円になります。

基本的に自分たちで料理をして、記念日などはホテルでのディナーなど豪華な食事もできるでしょう。

マリコ
マリコ

誕生日や記念日に豪華なディナー…憧れちゃうよ~!

ハナオ
ハナオ

ただし、日々の食費には使いすぎないこと!

とはいえ余裕があるのは嬉しいよね!

都心でなければマイホームも買える!?

都心でなければマイホームも買える

一般的に、ローンの返済は所得の3割程度までが負担のない額と言われています。

たとえば月々の支払いが10万円、ボーナス払いが15万円で35年のローン(変動金利)を組むと、4,000万円の借り入れが可能です。

頭金を少しでも多く貯めて4,000万円借り入れできれば、都心以外ならマイホームの購入は十分可能でしょう。

マリコ
マリコ

マイホームまで!後々のことを考えたら、やっぱり自分好みの家が欲しいなあ♪

ハナオ
ハナオ

マイホーム購入時には、住む場所もかなり重要だよ!

子供が出来ると余裕が無くなる場合も

子どもを前にして泣く母親

子供ができると、最初のうちは問題なくても余裕がなくなってくる可能性も大きいです。

子育てには何かとお金が必要です。

習い事や将来の学費などは、少しでも多くあるほうがいいですよね。

年収700万円では食費をはじめ、いろいろな項目で家計を引き締めていかないと子育てに十分なお金を使うことは難しいです。

少しでも家計の足しになるよう、パートなどでも働く必要があると考えておきましょう。

年収700万円は高望みじゃない!年齢別相手を見つける方法まとめ

年齢別相手を見つける方法

マリコ
マリコ

でもでも、やっぱり年収700万円以上の男性と出会うのって大変じゃない?

どうすればいいんだろう(泣)

ハナオ
ハナオ

今の年齢で難しいと考えているなら、具体的に動き出す必要があるね!

女性の年齢別に、年収700万円の男性を見つけるための方法をご紹介します。

最後にどの年齢にも共通した、男性が選びたくなる女性のポイントもお伝えしますので、こちらもお見逃しなく!

1.20代は年齢差を気にしなければOK

結婚式場のテーブルと眼鏡

20代女性なら、年齢差を気にしなければ結婚は可能でしょう。

男性はやはり若い女性を好む傾向があることが理由です。

ただ、年収700万円の男性はどうしても年齢がかなり上になってしまう可能性が高くなります。

20代男性ではほぼいないと考えておきましょう。

思い切って30代後半までターゲットを広げることで、結婚できる確率はぐっと上がります。

2.30代は共働きも考えよう

30代は共働きも考えよう

30代女性なら、20代の女性とターゲットがかぶることが多くなってきてしまいます。

年齢を重ねた分、女性としての魅力が増している部分はもちろんありますが、どうしても「年齢」という数字がはっきり出てしまうと20代より不利になることも多いのです。

そこで20代の女性との違いとして「共働きできる」ことをアピールするといいでしょう。

男性の収入だけを最初からあてにしている女性は、男性にも敬遠されてしまいます。

職種によってはこの先収入が安定して得られるかどうかも分からず、不安な男性もいるはずです。

共働きをして自分も家計を支える気がある女性は、男性も頼もしく感じるはずです。

ハナオ
ハナオ

逆に考えてみて。

共働きなら、もし万が一相手の年収が下がったり病気で仕事が出来なくなってもかなり安心だよ!

マリコ
マリコ

そっか~!私も頑張ってみようかな♪

3.40代はアラフォーならではの強みを活かして

家計簿を付けようと計算を始める女性

40代の女性はここまでの独身生活の中で得た強みを活かしていきましょう。

同年代や年上の男性と結婚するのであれば、自分がしっかり自立していることをアピールします。

具体的にはお金の管理ができて貯金をしっかりしていること、仕事をしながらも基本的な家事をこなしていること、といった点です。

40代、50代男性になると年収700万円は平均に近いラインになってくるので、男性もそれほど自分の収入が良いとは思っていないはずです。

そこで、「自分の生活もしっかりサポートしてもらえるのでは」と生涯のパートナーとして40代女性が選ばれる可能性もアップしてきます。

20代、30代にはない大人の女性の強みを見せていきましょう。

4.50代なら等身大の自分を演出

50代なら等身大の自分を演出

50代女性は背伸びして着飾るなどして、無理に自分を良く見せようとするのではなく、「等身大の自分」をアピールしましょう。

この年代の男性は、折り返し地点を過ぎた残りの人生を、一緒に楽しく過ごせる相手を求めていることが多いです。

容姿などではなく、一人の人間としてどれだけ魅力的かという点が重要になってきます。

そのために自分磨きを怠らないようにしましょう。

いろいろな分野にアンテナを張って幅広い知識を持つ、新しい趣味を見つける、毎日何か小さなことでも続けてみるなど、生活に張りが出るように心がけてみるといいですね。

【全年代共通】男性が選びたくなる女性のポイント4つ

男性が選びたくなるポイント4つ

年齢に関わらず、男性から「結婚したい」と思ってもらえるような女性には次のような特徴があります。

話をちゃんと聞く

テーブルを挟んで男性の話を聞く女性

話をしっかり聞ける女性は、仕事で疲れて帰ってきた男性にとって癒しの存在となります。

ただ相槌を打つだけでなく、仕事のちょっとした愚痴も吐き出せるような雰囲気で話が聞けるとバッチリです。

ポジティブ

ポジティブに考えて行動できる

生涯を共に歩んでいくわけですから、何があってもポジティブに考えて行動できる女性は男性にとっても心強いパートナーとなります。

男性は意外と繊細です。

ちょっとした不安にも「大丈夫!一緒に乗り越えよう」と明るく言える女性に男性は力をもらえます。

理想が高すぎない

サッカーのコートと並べられたハードル

結婚相手や結婚生活に対して理想が高いと男性もプレッシャーを感じてしまいます。

ちょっとしたことを幸せに感じることができ、「あれが足りない」「もっとこうでなければ!」と理想を追い求めない女性に男性は惹かれます。

穏やかで落ち着いている

穏やかで落ち着いている

職場で戦っている男性にとって、家庭は落ち着いて過ごしたい場所

そこにいるのがいつもピリピリしている女性では、心が休まりませんよね。

穏やかな女性となら、「子供を持ってもいいお母さんになりそう」「老後も夫婦でのんびり暮らせそう」と男性も明るい未来を想像できるのです。

年収700万円の男性がなかなか見つからない… どうしたらいい?

「色々努力してみたけれど、年収700万円の男性となかなか縁ができない…」「やっぱり高望みなのかも…」と思っている女性も多いかもしれませんね。

特に「収入良し・顔良し・その他の条件も良し」という好条件の男性は、婚活市場では早く売り切れてしまいます。

しかし、少し条件を見直してみたり、今までとは違うアプローチをしたりすることで、年収700万円の男性と縁ができる可能性は十分ありますよ。

そのためのヒントをいくつかご紹介します!

年収以外の条件を見直す

年収700万円の男性がなかなか見つからない場合、もしかしたら年収以外の条件が高すぎるのかもしれません。

一般的には年齢が上がるにつれて年収も上がるため、まずは年齢の上限を上げてみるとお相手が見つかりやすくなります。

これまで「35歳以下」で探していた人は、「40歳までOK」にするなど、少し年齢の範囲を広げてみましょう。

5歳プラスするだけでも、出会える男性の数はかなり増えますよ。

さらに、居住地や身長、容姿、生活スタイルなどの条件も同時に緩めると、年収700万円の男性が見つかる可能性はより高くなります。

たとえば、自分が住んでいるエリアにこだわらず日本全国に対象を広げてみる、身長は多少低くても気にしない、というふうに少しハードルを低くすると、チャンスは格段に増えるはずです。

結婚相談所に登録してプロからアドバイスをもらう

これまで婚活パーティーや婚活アプリなどでの活動しかしてこなかった女性には、思いきって結婚相談所に登録することをおすすめします。

上でもご説明したように、結婚相談所に登録している男性の約3割が年収700万円以上だからです。

これは、結婚相談所が他の婚活方法と比べて費用がかかることや、会員の年齢層が高めであること、結婚真剣度の高い男性会員が多いことなどが理由として考えられます。

ですから、相談所に登録するだけで高年収の男性と出会える確率は上がるはずです。

もちろん、条件の良い男性ほどライバルも多いですが、相談所に登録すればプロのコンシェルジュからアドバイスをもらえますので、自分に合ったアプローチがしやすくなります。

そのようなサポートが受けられるのも、結婚相談所の良いところです。

「世帯年収で稼ぐ」という考え方に切り替える

ここまでご紹介したポイントを見直しても出会えない場合は、いっそ考え方を変えてみましょう。

旦那さんの年収に700万円を求めるのではなく、「世帯年収で700万円稼ぐ」という発想に切り替えるのです。

たとえば、自分が週2〜3日でもパートとして働けば、それまで足切りしていた600万円台の男性も候補に入ってきます。

その分、年齢層も下がって自分と同世代の人が見つかる可能性も高くなるのです。

そもそも、最近は共働きが当たり前になりつつあり、高年収を稼ぐ男性の中にも「共働き派」の人が増えています。

ですから、男性の稼ぎだけをあてにすること自体が、もはや時代遅れといえるかもしれません。

自分の稼ぐ分もしっかり勘定に入れれば、パートナーの選択肢は増えるはずです!

まとめ:年収700万の男性と結婚するために、まずは自分磨きから始めよう

まずは自分磨きから始めよう

このページでは、男性の年収の実状と年収700万円の生活水準、年齢別の婚活方法をお伝えしました。

多くの婚活女性のターゲットとなる30代前半くらいの男性には、残念ながら年収が700万円ある人は多くありません。

ただ、職種や探す場所を絞っていくことで出会える可能性はアップします。

見つけた男性に選ばれるには、自分の年齢に応じたアピールをすること、男性が癒されるような存在になることが大切です。

お伝えした方法を参考にして自分磨きを続ければ、きっと理想の男性に巡り合えますよ!

婚活アプリや大手結婚相談所でうまくいかなかった方へ
あなたお一人に対して、2名の専任カウンセラーがあなたの婚活をサポート。 加えてハナマリユーザー限定で、成婚者のアドバイスが受けられます。 サポートは対面に加えて、オンラインでも実施。 だから外出自粛中でもあなたの婚活が前に進みます。
年収
hanamari_writer01をフォローする
ハナマリ|あなたに寄り添う婚活メディア
タイトルとURLをコピーしました