アフターコロナの婚活方法とは? >>

「結婚しろ」とうるさい親のホンネ|結婚しろと言われた時5つの対処法

結婚しろって親がうるさい コラム
マリコ
マリコ

最近帰省のたびに「結婚しろ」って言われてもうウンザリ!

結婚したくない訳じゃ無いけど、そんなに急かされても困る…

こんな時、どうすればいいの?

ハナオ
ハナオ

結婚して欲しいのは分かるけど、「結婚しろ」って言われても出来ないものは出来ないよね。

親からの「結婚しろ」攻撃を穏便にかわす方法を解説しちゃうよ!

親から「早く結婚しろ」とうるさく言われてうんざりしていませんか?

あまりにしつこいからと文句を言ってケンカになるのも避けたいですよね。

そこでこのページでは、世間の親子の結婚バトルの実情や、親が結婚を迫る理由を紹介します。

また、親からの「結婚しろ」攻撃を穏便にかわす方法も伝授しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

このページの要点をざっくりいうと

うるさく言ってくる親のイメージ

子供に「結婚してほしい」という希望を持っている親は6割程度に上ります。

確かに結婚にはメリットも多いです。

親からすると幸せになってほしいと願うからこそ、心配して「結婚しろ」としつこく言ってしまうのでしょう。

親からの「結婚しろ」攻撃を穏便にかわすには、今は結婚を考える状況にない、恋人がいる、婚活しているなどの自分の状態を丁寧に説明するのが一番です。

ある程度プレッシャーをかけてくれることは悪いことばかりではないので、親との関係が険悪にならないように冷静に対処していきましょう。

結婚相談所のアンケート調査から見る、親子の「結婚バトル」事情

アンケートに答えようとする女性の手元

マリコ
マリコ

うちはかなり言われる方だと思うんだけど、他の家庭はどうなんだろう?

ハナオ
ハナオ

他の家の事情って、けっこう気になるよね。

実際の調査から分かったことをまとめたよ!

まず婚活サービスを展開する株式会社パートナーエージェントの調査から、親子の「結婚バトル」事情を紹介します。

世間の親子は結婚をめぐってどのような攻防戦を繰り広げているのでしょうか。

親と子、それぞれの思いにも着目して見ていきましょう。

親からの「結婚しろ」、都会で1人暮らしの人ほど言われていた!

ソファに座って考え込んでしまう男性

親から「早く結婚しろ」と言われる頻度を調べた結果を見てみましょう。

都会で一人暮らしをしている場合、地方で親と同居している場合でどのような違いがあるのでしょうか。

親から言われる頻度

引用元:“都会で1人暮らし”の方が婚活に意欲!地方で一緒に”暮らす親の7割は子供の結婚をあきらめている!?

何となく田舎のほうが結婚を急かされるイメージが強いですよね。

しかし実際は「特に言われない」の割合が親と同居では7割なのに対して、一人暮らしでは6割程度となっています。

ただ、1週間に1回以上言われている人は親と同居のほうが多くなっていて、同居している人は頻繁に言われるか、全く言われないかのどちらかです。

一人暮らしの場合は全く言われない人の次に1年に1~2回程度の割合が多くなっています。

たまに帰省した時に言われるということですね。

マリコ
マリコ

回数が少なかったとしても、帰省のたびに言われるのが辛いんだよね

ハナオ
ハナオ

親と同居のほうも、ことあるごとに言われると「うっとうしい」と感じてしまいそうだね…

5人中3人の親が子供に「結婚してほしい」と思っている

次に、未婚の子供を持つ親が子供の結婚についてどのような希望を持っているかの調査結果を見てみましょう。

こどもの結婚に対する希望

引用元:パートナーエージェント「子供に「絶対に結婚してほしい」父親は、母親の2倍以上!半数以上の親御様は3年以内に結婚してほしい」

こちらの調査結果では、「絶対結婚してほしい」「結婚してほしい」があわせて6割程度になり、多くの親が子供の結婚を望んでいることが分かります。

また、約4分の1の親が結婚に関する判断は子供に任せたいと思っていることが分かりました。

多くの親が「できれば結婚してほしいけれど、本人次第」と思っているというところでしょう。

マリコ
マリコ

最近やっと「結婚は本人の自由」って親が増えて来たよね♪

ハナオ
ハナオ

このまま増え続けてくれるとありがたいんだけどね…

結婚しろとうるさいのは母親…ではなく実は父親だった!? 

口をへの字に曲げる父親のイメージ

では、先ほどの子供の結婚に対する希望の調査結果の内訳を父親と母親に分けてそれぞれ見てみましょう。

子供の結婚に対する希望

引用元:パートナーエージェント「子供に「絶対に結婚してほしい」父親は、母親の2倍以上!半数以上の親御様は3年以内に結婚してほしい」

「結婚してほしい」と望む母親が53%に対し、父親は65%と差が大きくなっています。

特に「絶対に結婚してほしい」割合は、父親のほうが約10%も多いです。

父親のほうが子供の結婚を強く願っているということですね。

逆に、判断は子供に任せたいと考えている父親は21%でしたが、母親は29%。

母親のほうが子供の意思を尊重する傾向があることが分かります。

子供には3~5年以内の結婚を望む親が多い

続いて、親が子供に何年以内に結婚してほしいと思っているかを見てみましょう。

こちらの調査は25歳以上の子供を持ち、子供に対して「絶対に結婚してほしい」「結婚してほしい気持ちのほうが強い」と思っている親が対象です。

子供の年齢と何歳までに結婚してほしいかを尋ね、その差を算出した結果が次の通りです。

子供に何年以内に結婚してほしいか

引用元:パートナーエージェント「子供に「絶対に結婚してほしい」父親は、母親の2倍以上!半数以上の親御様は3年以内に結婚してほしい」

こちらの調査では、「3年以内」が約半数、「5年以内」は4分の3以上となりました。

「すぐは無理かもしれないけれど、早めに結婚してほしい」というところでしょうか。

無回答も13%あるので、特に年齢は気にしないけれど結婚はしてほしいという親も一定数いるということがうかがえます。

マリコ
マリコ

自分が元気なうちに結婚して欲しいって思いもあるのかな…

ハナオ
ハナオ

気持ちはとっても分かるんだけどね

実際、Twitterでもこのような声が沢山見られました。

子供の人生の充実具合などに関わらず「やっぱり結婚して欲しい」「子孫を残して欲しい」と考える親もいるようです。

1年以内に結婚!最短で結婚する方法と8つの秘訣を公開
手っ取り早く結婚したいと思っても、どのように婚活を進めていけばいいのか分かりませんよね。そこでこのページでは、女性が1年以内に結婚する方法8つと婚活が長引きやすい女性の特徴、おすすめの婚活方法を解説します。

結婚のメリット第3位は「親の期待に応えられる」

夕方の草むらで並んで立つ3世代親子

厚生労働省が未婚の男女それぞれが結婚のメリットを調査した結果を見てみましょう。

この調査で「親や周囲の期待に応えられる」と応えた割合は次の通りです。

調査別にみた、 各「結婚の利点」を選択した未婚者の割合

  • 男性:15.9%
  • 女性:21.9%

引用元:厚生労働省 国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査」

女性のほうがこのように感じている人が多くなっています。

男性より親にプレッシャーをかけられることが多いのかもしれません。

さらに、男女ともにこの調査では「親や周囲の期待に応えられる」が結婚のメリット3位になっています。

結婚へのモチベーションになるほど、未婚の男女が結婚に対するプレッシャーをかなり受けていると分かります。

【モラハラ?】職場で「結婚しろ攻撃」を受けることも

職場のテーブルで頭を抱えてしまう女性

マリコ
マリコ

Twitterではこんなツイートがまだまだ沢山あったよ(泣)

ハナオ
ハナオ

想像以上に言われてる人が多いみたい…

親だけでなく、職場の上司や先輩、同僚から同じように「結婚しろ」と言われる女性もいます。

結婚は完全に個人のプライベートな問題ですし、自分に決定権があるので他人にとやかく言われる筋合いはありません。

でもこういうことを言う人は「あなたのためを思って」とか「ずっと独身じゃ辛いよ」と本気で思っているんですよね。

プレッシャーをかけようとか嫌な気持ちにさせようという気はないことがほとんどなので厄介です。

「はいはい」と受け流すことができない女性は、精神的に大きなダメージを受けてしまうこともあります。

このような場合は「モラハラを受けた」と言えますね。

親だけでなく、周囲からも大きなプラッシャーを感じてウンザリしている人も多いのです。

【なぜ?】女性が親に「早く結婚しろ」と言われる5つの理由

下を向いてしょんぼりしてしまう女性

では、親がなぜ女性に「早く結婚しろ」と言うのでしょうか。

うるさく言っている親への対処法を探るには、親心を知っておくことが大切です。

「早く結婚しろ」と親が言う5つの理由を解説していきます。

親が「女の幸せ=結婚」という価値観を持っているから

ふたり見つめ合って幸せそうな新郎新婦

マリコ
マリコ

結婚が女の幸せなんて、どんな時代だよ!って思うよ

ハナオ
ハナオ

親の世代ならその価値観もアリだろうけど、今の事情は理解して欲しいよね

1つ目の理由は「結婚が女の幸せ」だと思っているからです。

親の世代では、女性は結婚して家庭に入ることが「女の幸せ」だという価値観の人がまだ多いのが現実です。

今は生涯独身を貫く女性も珍しくなく、結婚にこだわらない人もいますよね。

親世代より若い人なら、自分が結婚していても結婚を選ばない女性に対して「それもアリ」と考えられる人がほとんどではないでしょうか。

このような価値観はそう簡単に変えられるものではないので、ある程度は仕方ない部分でもあるのです。

安定した生活を送ってほしいから

次の理由は「安定した生活を送ってほしいから」というものです。

女性が仕事を持つことが当たり前になっているとはいえ、まだまだ男性との賃金格差は大きいですよね。

管理職まで上り詰めることができる女性が少ないのも現実です。

特に年配の男性の中にはまだ女性を下に見ている人も多いですよね。

その世代である父親なら「出世できないのでは?」「一人で不自由なく暮らしていくのは大変では?」と心配する気持ちになってしまうのも分かります。

結婚には経済的なメリットが多い女性がほとんどなので、将来苦労しないように「結婚しろ」と言ってくるんですね。

娘と同世代の人が結婚しているから

外国人の新婦と彼女の友人たち

マリコ
マリコ

帰省する度に、「マリコの友達の○○ちゃん結婚したってね」って言われるのが辛い…

ハナオ
ハナオ

周りの家の話を聞いて、焦ってるのもあるかも?

次の理由が「娘と同世代の人が結婚しているから」です。

親からすると、子供はいつまでも子供。

結婚なんてまだまだ先だと思っていても、娘の同級生が結婚したという話を聞くようになると焦ってくるものです。

親戚や友人から「娘さん、結婚はまだ?」と聞かれるようなことが増えてくると、どんどん焦りが増していきます。

親も同様に、結婚に対するプレッシャーを周りから受けているのでしょう。

「結婚諦めたらできた」は本当?婚活を本当に諦めたらどうなる?
婚活がうまくいかず、年を重ねてくると「もう結婚は諦めたほうがいいかな」と弱気になってしまいますよね。このページではそんな女性に向けて、実際に結婚を諦めた女性の決断の理由や経験談をご紹介します。

孫の顔を見たいから

4つ目の理由は「孫の顔を見たいから」です。

やはり、本能的に「子孫を残したい」と思うのは仕方がない部分でもあるでしょう。

さらに、自分の娘をかわいいと思っているからこそ、その子供も見たいと思う気持ちが出てくるのです。

親の友人に孫ができ始めるとさらにこの感情は加速します。

「早く結婚しろ」と言うだけでなく「早く結婚して孫の顔を見せて」という親が多いことからも、親が孫を望んでいることがよく分かりますね。

自分たちがいなくなった後のことが心配だから

机の上に置かれたエンディングノート

マリコ
マリコ

「私ももう長く無いんだから」って言われるけど、その後のことを考えてない訳じゃ無いのに

ハナオ
ハナオ

大事な子供だからこそ、心配になっちゃうのかも

最後の理由は「自分たちがいなくなった後のことが心配だから」です。

当然、親のほうが早く年を取り、多くの場合先に亡くなってしまいますよね。

親は自分たちがいなくなってしまったら、娘に「自分の家族」がないと天涯孤独になってしまうのではないかと心配なのです。

親が亡くなるなんてまだまだ先のことでイメージできないと思うかもしれませんが、実家に1人きりで暮らすことを想像してみると、親が心配する気持ちも分かるのではないでしょうか。

実はありがたい?「結婚しろ」と言われるメリット3つ

黄色い壁紙とGOODの文字

親に「結婚しろ」と言われるのは迷惑でしかないと思うかもしれませんが、実はデメリットばかりでもありません。

ここからは、「結婚しろ」と言われるメリットをご紹介します。

適齢期に結婚を意識できる

マリコ
マリコ

確かに、今まで仕事が忙しくて結婚とか意識してなかったかも!

ハナオ
ハナオ

そういう意味ではありがたいのかもしれないね!

適齢期に結婚を意識できるというのは「結婚しろ」と言われるメリットです。

結婚を意識できるような相手でもいない限り、自分の年齢だけでは結婚に対して積極的な気持ちは芽生えないものです。

「早く結婚しろ」と急かされることで「自分もそろそろそんな歳なんだ」と実感し、結婚について考えるきっかけが生まれます。

誰にも言われないと、ずっと20代前半くらいの気持ちで過ごしてしまい、気づいたときにはもう30代後半になってしまって相手は全然いない…ということになりかねません。

婚活を頑張るモチベーションになる

「結婚しろ」と言われることは婚活を頑張るモチベーションにつながります。

婚活はツラいことも多いですし、そもそも婚活を始めるには「何となく」という程度の気持ちではなかなかスタートできませんよね。

婚活に対する恐怖も多少はあるはずですので、プレッシャーがあったほうがモチベーションはアップするのです。

「結婚しろ」という言葉を自分への応援だと受け取ることで、前向きに婚活に迎える人も多いはずです。

逆に全く声をかけてくれない、「別に結婚しなくてもいいよ」という親だと、本人に「いつかは結婚したい」という気があっても婚活を始める気になれないと想像できますよね。

婚活がうまくいかない疲れた!婚活地獄から抜け出すには?
素敵な出会いを求めて婚活をしてもなかなかうまくいかず、「疲れた・・・」と感じてはいませんか?婚活がうまくいかないのには理由があるので、解決策を知って結婚相手をゲットしていきましょう!あわせて年代別の攻略法もご紹介します。

お見合い話を持ってきてくれることも

マリコ
マリコ

誰かを紹介してくれるくらい本気なら、私も結婚を考えようかな

ハナオ
ハナオ

親からなら、ある程度安心して紹介して貰えるよね!

親によっては、いいお見合い話を持ってきてくれるというメリットもあります。

なかなか出会いはないけれど、婚活までする気はない人にとっては、このように紹介してもらえるのはありがたいですよね。

親の友人なら、同世代の息子がいる人も多いでしょうから、そのネットワークを活かしていい人を見つけてきてくれる可能性は十分にあります。

全く知らない人との出会いになる婚活と違って、ある程度つながりのある人なら、相手の素性も分かって安心ですよね。

本人にそのうち結婚する意思があるけれどまったく焦っていないという場合、このように親が積極的に動くことで結婚につながることもあるのです。

【やっばりうざい!】親の「結婚しろ攻撃」を穏便にかわす方法

耳を抑えて死んだ顔をする女性

マリコ
マリコ

なんとか納得しようとしたけど…やっぱりウザい!

親とケンカしたいわけじゃないし、どうしたら穏便にやめてもらえるのかな?

ハナオ
ハナオ

今の生活や仕事も大事だもんね。

穏やかに解決する方法を考えてみたよ!

親の心配する気持ちは分かる、急かされるメリットも分かる、でもやっぱり「結婚しろと言われるのはもううんざり」という人もいますよね。

ここからはケンカせずに、なるべく穏やかに解決するためのコツを紹介していきます。

自分の状況や考えを根気よく説明する

今の自分の仕事などの状況や将来に対する考えを根気よく説明しましょう。

「結婚しろ」としつこく言ってくる親は、子供がどのような気持ちで今は結婚せずにいるのかが分かっていないことがほとんどです。

何も考えずに、毎日をただ過ごしているわけではないことが伝われば、うるさく言ってくることはないはずです。

「今は結婚を考えられる時ではない」「将来はこのようにするつもり」と自分が真剣に考えていることをぶつけてみてください。

ここで大切なのは感情的にならないこと。

親は「あなたのことが心配だから言ってるのに!」と怒ってしまう可能性もありますが、あなたが冷静に説明すれば必ず伝わります。

逆にあなたも「もういい!」と怒ってしまうと、何の解決にもなりませんね。

相手に納得してもらうためには冷静に、分かりやすく伝えることが大切です。

「心配してくれてありがとう」という気持ちを伝える

マリコ
マリコ

まずは感謝の気持ちを伝えておきたいよね!

ハナオ
ハナオ

先に感謝しておくことで、親との話し合いもスムーズになるよ!

親に感謝の気持ちを伝えることもとても効果的です。

「結婚しろ」という親は、あなたに「幸せになってほしい」という気持ちが強いのです。

ここで「うるさい」と言ってしまうと、「あなたには親の気持ちが分からない」とケンカになりかねません。

「心配してくれている気持ちは伝わっているよ。ありがとう」と素直に感謝の気持ちを伝えましょう。

このように言われると、多くの親は「ちょっと言い過ぎたかも」と反省する気持ちになるはずです。

少なくとも、ケンカに発展する、今までよりうるさく言われるということは避けられます。

「恋人はいる」と伝える

もし恋人がいるなら、とりあえず「恋人はいる」ことを伝えるだけでも親はあまりうるさくならなくなるはずです。

とりあえず男性の影があるだけでも安心する親が多いのです。

ただ、まだ全く結婚を意識していないのであれば変に期待を持たせてしまうことになる可能性もあります。

「結婚しろ」「誰かいい人いないの?」と言っていたのが「プロポーズはまだ?」「彼と結婚の話になっていないの?」とうるさく聞いてくる可能性もあります。

恋人はいるけれど、まだ結婚に向けて進んでいない状態なのであれば、「将来的に結婚も考えているけれど、今はお互い忙しい」といった説明をすればうるさく言われなくなるでしょう。

「婚活している」と伝える

マリコ
マリコ

婚活してるって言うとバカにされそうで、なんとなく言って無くて…

ハナオ
ハナオ

結婚しろって言ってくるほどの親なら、結婚への意思を伝えてあげた方が安心するんじゃないかな?

婚活をしているなら、正直に話しておきましょう。

進捗状況をいろいろ聞かれるのが面倒だからと婚活していることを親に伝えていない人も多いですよね。

ただ、心配して「結婚しろ」と言ってくる親には、あなたが結婚を前向きに考えていることが伝わっていないのでしょう。

しつこく聞かれるのが嫌なら「結婚を考えて婚活している。お断りされることもあるし、辛いこともあるからいちいち報告はできないけど、いい報告ができるように頑張っている」としっかり伝えましょう。

このように言われると、親からはいろいろ聞きにくくなりますし、何よりも結婚を前向きに考えていると分かって安心できるのです。

さりげなく話題を変える

結婚の話になりそうなときには、さりげなく話題を変えるのもいいですね。

できるだけ親が喜んで乗ってくるような話題にチェンジしましょう。

結婚の話題を避けているということが親に伝わっても構いません。

親にとっても聞きにくい話題ではあると思うので、話をそらされたら「この話はしたくないんだな」と伝わります。

話を変えるのではなく、不機嫌になってその場を離れるなどの対応は親を怒らせてしまう可能性があるので良くありません。

あくまでも穏便に話題を避けられるといいですね。

【まとめ】結婚の圧力は意外と役立つ!?しつこい場合は穏便にかわす工夫を

青い空と親指マーク

このページでは親が子供の結婚に対してどのような希望を持っているのか、しつこく結婚しろと言ってくる理由や上手なかわし方をご紹介しました。

「結婚しろ」攻撃にはうんざりしてしまいますが、女性の結婚は年齢を重ねるごとに難しくなるのも確かです。

発破をかけてくれる人がいるのは必ずしも悪くないのです。

しつこい場合はケンカせずに親の気持ちも酌んで、穏便にかわすようにしましょう。

婚活アプリや大手結婚相談所でうまくいかなかった方へ
あなたお一人に対して、2名の専任カウンセラーがあなたの婚活をサポート。 加えてハナマリユーザー限定で、成婚者のアドバイスが受けられます。 サポートは対面に加えて、オンラインでも実施。 だから外出自粛中でもあなたの婚活が前に進みます。
コラム
hanako_marriageをフォローする
ハナマリ|あなたに寄り添う婚活メディア
タイトルとURLをコピーしました