アフターコロナの婚活方法とは? >>

婚活で脈なし男性を見極める7つのコツ!婚活で脈ナシ男性と出会った時の対処法は?

婚活で脈ナシ男性を見極める方法とは コラム

婚活で出会った男性が「脈あり」か「脈なし」かを判断するポイントを知りたいと思いませんか?

もし「脈なしかも」と思った場合にどうすればいいのかも気になりますよね。

そこでこのページでは婚活での7つの「脈なしサイン」や「脈なしかも」と思った時の対処法、「脈なし」から逆転する方法について詳しくご紹介します。

脈なしの男性を深追いしてしまうことなく、効率良く婚活を進めるコツが詰まっていますので、ぜひ最後までご覧くださいね!

あなた1人に2人のカウンセラーがサポート婚活ハナコとタロウ

このページの要点をざっくりいうと

婚活での男性の「脈なしサイン」は7つあります。

LINEやメールへの積極性や、デートなどでの会話の内容、なかなか告白されないなどで、脈なしかどうかを判断することができます。

「脈なしかも」と思ったら、連絡を取らずに放置して相手の出方を見るといいでしょう。

婚活では一人の男性への深追いは失敗の元になるので、他の男性とのお見合いやデートの予定をどんどん入れて、同時進行で進めていくのがおすすめです。

「脈なし」の男性に振り回されることなく、効率良く婚活を進めて幸せをつかみ取りましょう!

【チェック!】婚活でよくある「脈なしサイン」7つ

婚活で「これは脈なしかも」と思ったほうがいいサインは7つあります。

  1. LINEやメールが受け身
  2. 変身が遅い・ムラがある
  3. こちらへの質問が少ない
  4. デートをやんわりと断られる
  5. 結婚や将来の話が出てこない
  6. 「こちらから連絡します」その後…
  7. 婚活デート3回目なのに…

一つでもあれば「脈なしかも」、当てはまる数が多いほど早く次の男性に移ったほうが良さそうです。

具体的にどのようなサインなのか、詳しく見てみましょう。

婚活脈なしサイン1:LINEやメールが受け身

婚活での「脈なしサイン」1つ目は、LINEやメールが受け身であるということです。

脈なしの男性は基本的に自分から連絡をくれることがありません。

その気があれば、女性の気持ちが離れてしまうことを恐れて連絡をまめにするはずですよね。

「しつこくすると嫌われる」「あまりまめに連絡すると迷惑では」と思っている男性もいるかもしれませんが、明らかに自分から連絡をしようとしない場合は脈なしと判断するのが正解でしょう。

メールやLINEで積極的に連絡を取ってこないということは、女性に対してあまり関心がないという男性の気持ちの表れです。

婚活脈なしサイン2:返信が遅い・ムラがある

婚活での「脈なしサイン」2つ目は、LINEやメールへの返信が遅かったりムラがあったりすることです。

ちゃんと女性のことを思っているなら、忙しくてすぐに返信できない場合でも「また後で連絡する」の一言を伝えるはずですよね。

既読がついてからの返信が遅く、しかも遅くなったことにも特に触れないようなら、あまり関心がないけれど一応返信しておこうという程度なのかもしれません。

既読スルーは脈なしの分かりやすいサインですよね。

未読スルーならなおさらです。

「返信する気がない」ということを女性に悟って欲しいという男性の気持ちの表れだと思ったほうが良さそうです。

婚活脈なしサイン3:こちらへの質問が少ない

婚活での「脈なしサイン」3つ目はこちらへの質問が少ないということです。

男性とのLINEやメールのやり取り、実際に会って話をしている時に、質問をしているのは女性ばかりということはありませんか?

話下手な男性だという場合もありますが、それにしても相手に興味があるなら「もっと知りたい」と思うのが自然ですよね。

しかも婚活は短期決戦ですから、少しでも早く深く相手のことを知って自分に合っているかどうか判断したいはずです。

それなのに質問をあまりしてこないなら、もう既に脈なしなので質問をする気にならないということだと言えるでしょう。

婚活脈なしサイン4:デートをやんわりと断られる

婚活での「脈なしサイン」4つ目はデートをやんわりと断られるということです。

「忙しいから」と言い訳をされる場合が多いですね。

もし仕事が忙しいなら、婚活自体が難しいはずです。

そもそも女性に本当に気があるなら、忙しい仕事の合間を縫って少し食事をするだけでも時間を取りたいと思うのが自然です。

「忙しい」は口実で、女性と会うつもりがないということなのでしょう。

もしかすると、婚活で出会った他の女性とのデートに忙しいのかもしれません。

婚活脈なしサイン5:結婚や将来の話が出てこない

婚活での「脈なしサイン」5つ目は結婚や将来の話が出てこないことです。

真剣に結婚の対象として見ているのであれば、結婚観や将来どのように過ごしたいのかといった話を自分からしたり、相手に尋ねたりするものですよね。

そのような話が全くなく、ただの世間話や仕事・趣味の話だけで終わるようなら脈なしと考えていいでしょう。

結婚に関する話が出てこない場合は脈がないだけでなく、そもそも婚活をする気がなく遊び相手を探している男性なのかもしれません。

婚活脈なしサイン6:「こちらから連絡します」その後…

婚活での「脈なしサイン」6つ目は「こちらから連絡します」と言ってくるような場合です。

断るのが面倒な場合、「落ち着いたらこちらから連絡します」とだけ言って、そのままフェードアウトしようとする男性が多いのです。

ハッキリ断るのは気が引ける、しつこく食い下がられると面倒だから、しばらく放置することで察してほしいということなのでしょう。

ちょっとつなぎとめておいて、都合よく利用しようと考えている場合もあります。

「こちらから連絡する」という言い方は暗に「そっちからは連絡しないで」と言っているようなものですよね。

本当に女性に対して気があるなら、忙しいとしてもこのような言い方はせずに「すぐ返事できないかもしれないけど、いつでも連絡して」と言ってくれるはずです。

婚活脈なしサイン7:婚活デート3回目なのに…

婚活での「脈なしサイン」7つ目は婚活デート3回目なのに告白されないということです。

婚活では、3回目のデートで男性から告白するのが一般的です。

告白されないのはもちろん、男性が勇気を持てない、3回目という数字を全く気にしていないなど、他の理由も考えられます。

ただ、3回も会っておいて「いい雰囲気」にならないなら、男性はあまり真剣に交際することを考えていない可能性があります。

3回目で告白がなかったら即「脈なし」ということではないのですが、短期決戦の婚活で二人の関係をはっきりさせないままズルズルとデートを続ける男性とは結婚を期待できないと考えていいでしょう。

婚活で「脈なしかな…」と思い当たったら?正しい対処法

ではご紹介した婚活での脈なしの7つのサインに思い当たるものがあるような場合、どのように対処するのが正解なのでしょうか。

婚活では一人の男性に時間をかけてしまうことが成功をどんどん遠ざけてしまうことになりかねません。

早めに会い続けるのかどうかを判断するためにも、正しい対処法を知っておきましょう。

  • 自分からの連絡をやめてみる
  • お見合い・デートの予定をどんどん入れる
  • 連絡が来たら優しく対応

追いかけるのはNG!自分からの連絡をやめてみる

婚活で「脈なしかも」と思った男性は追いかけるのではなく、自分から連絡をやめてみましょう。

しつこく追いかけ回すのではなく、一度自分から連絡を取るのをやめて様子を見る時間を作るのです。

もしかすると女性からの猛アプローチで、男性は少し「この人、必死だな…」と引いてしまっているのかもしれません。

このような状態では男性も冷静に女性のことを判断できなくなっている可能性があります。

脈があるなら、女性から押さなくても男性側からのアプローチがちゃんと来るはずです。

もしそれで全く向こうからのコンタクトがないなら、それまでの関係なので「縁がなかった」と潔く諦めて次に向かいましょう。

お見合いやデートの予定をどんどん入れる

婚活で「脈なしかも」と思った男性への連絡をやめている間には、他の男性とのお見合いやデートの予定をどんどん入れてしまいましょう。

そもそも婚活では1人に執着せずに同時進行するくらいでちょうどいいのです。

脈のなさそうな相手だけに絞っていると、もしダメだった場合に次の男性を探すところからまた始めなければなりませんよね。

なかなか相性の良い相手には巡り合えないもので、同時に何人もの男性との相性を確かめながら婚活を進めることが効率良い方法なのです。

何人かの候補を作っておくことで、お断りがあったとしても落ち込み過ぎることなく他の人に移れるというメリットもあります。

相手から連絡が来たら、優しく対応する

もし「脈なしかも」と思って連絡を控えている相手から連絡が来た場合には、優しく対応しましょう。

なかなか連絡してこなかった理由を聞くとか、嫌味を言うようなことはせず、優しく大人の対応をするのが正解です。

本当に忙しくて連絡できなかった可能性もありますし、他にも婚活で出会った女性がいて迷っていたという可能性もあります。

でも連絡してこなかった理由ではなく、「連絡してきた」という事実が重要です。

あなたとの交際を真剣に考える気になったのかもしれませんので、チャンスにつなげていくようにしましょう。

ただ、都合よく利用したいだけという場合も考えられます。

連絡が来たことに舞い上がってしまわず、男性が真剣に結婚相手を見つけようとしているのか冷静に見極めることも大切です。

【期待】婚活での脈なしから脈ありへ逆転することはある?その方法は?

婚活で「脈なしかも」と感じていた男性が、「脈あり」に逆転することは、まれにあります。

結婚は相性なので努力してひっくり返せるものではありませんが、男性が「この女性はナシかも」と勘違いしている場合があるのです。

またタイミングが悪いということも考えられます。

「脈なし」をくつがえすためにできることをご紹介していきます。

相手の状況が変わるまで、余計なことをせずに待つ

まずは相手の状況が変わるまで、余計なことをせずに待つということです。

こちらからいくらプッシュしても、人の心を無理に変えることはできませんよね。

むしろあまりしつこく押していくことで、どんどん相手の気持ちが離れていくことは珍しくありません。

こちらからの連絡をやめ、あとは放っておきましょう。

少し距離を置くことで男性があなたに対して冷静に考えることができて、「自分には相性がいい相手かも」と評価が変わるかもしれません。

また連絡を取らずにいる間に、男性にとっての本命の女性とうまくいかなくなるということも十分あり得ます。

気に入られようとあれこれ手を尽くすことが逆効果になっている場合があるので、引いてじっと待つことも覚えましょう。

色々な面を見せて、これまでと違う魅力をアピールする

脈なしだと思える男性でも、まだデートができている段階なら自分のいろいろな面を見せて、違う魅力をアピールしていきましょう。

男性の前で猫をかぶってしまうような場合は特に、あなた自身について男性が勘違いをしている可能性が高いです。

あなたの素の部分をまだあまり見せていないなら、少しずつ素を出していくことで二人の関係がガラリと変わることは十分に考えられます。

よく言われる「男性ウケのいい女性」を演じて男性に気に入られようとするのは、結局自分に合う男性を見つけるうえでは何の役にも立ちませんよね。

素を出していくことは、脈のある・なしに関わらず婚活を成功させるうえでとても重要なポイントだと覚えておきましょう。

どんな時でも「優しさ」「寛大さ」を徹底しつづける

婚活での「脈なし」を逆転させるには、どんな時でも「優しさ」「寛大さ」を持った女性であることを徹底することが大切です。

男性からの連絡が遅いなど、ちょっとつれない態度を取られたからといって、すねたりせずにいつでも変わらない態度で接するようにしましょう。

すねるような女性を、男性は恋愛対象としてなら「可愛い」と思うかもしれませんが、結婚相手にこのような態度は求めていません。

どっしりと構えて優しく「大丈夫」と言ってくれるような女性なら、とても心強く、ずっと支えて欲しいと感じられるので、最有力候補にのし上がることも可能です。

もちろん「結婚したいから」と婚活の間だけ理想的な女性を演じるようなことは、幸せな結婚にはつながらないのでNGですよ。

追いかけるばかりではなく、自分が魅力的に感じてもらえるような努力も惜しまないようにしましょう。

【まとめ】婚活の脈なしサインは「言葉より行動」。深追いせず、別の出会いに進もう

このページでは婚活での7つの「脈なしサイン」や「脈なしかも」と思った時の対処法、脈なしから逆転する方法について詳しくご紹介しました。

人は口では何とでも言えるのですが、行動では嘘をつけないものです。

「連絡がこない」「デートを断られる」など男性の行動を見て脈なしかどうか判断するようにしましょう。

「これは脈なしだな」と思ったら、執着せずにどんどん出会いを求めて積極的に動いて、婚活を成功させましょう!

婚活アプリや大手結婚相談所でうまくいかなかった方へ
あなたお一人に対して、2名の専任カウンセラーがあなたの婚活をサポート。 加えてハナマリユーザー限定で、成婚者のアドバイスが受けられます。 サポートは対面に加えて、オンラインでも実施。 だから外出自粛中でもあなたの婚活が前に進みます。
コラム
hanako_marriageをフォローする
ハナマリ|あなたに寄り添う婚活メディア
タイトルとURLをコピーしました