アフターコロナの婚活方法とは? >>

【意外?】ボランティアに出会いはある!おすすめの活動6選と出会える理由

ボランティアを通して出会いたい 出会い
マリコ
マリコ

最近友達が「ボランティア活動をとおして出会いが見つかった!」って言っていたんだけど・・・ボランティア活動に出会いはあるの?

もし始めるならどんなものを選べばいいのかな?

ハナオ
ハナオ

ボランティアでも出会いを見つけた人はたくさんいるよ!

でもどんなボランティアを選ぶかで出会いの確率は変わってくるんだ。

今回は僕が出会いに繋がるボランティアの種類を教えるね!

出会いを見つける方法はマッチングアプリや友達の紹介などいろいろな方法がありますが『ボランティア活動』もそのうちの一つです。

ボランティア活動と出会いは関係がないと考えている方もいるでしょうが、実は日本人の3人に1人は何らかの活動に参加しているという結果が出ています。

今回はおすすめのボランティア活動と出会いにつながる理由を詳しく説明しましょう。

今すぐパートナーを探したい方はこちら
出会いを探してみる1 出会いを探してみる2

このページの要点をざっくり言うと

ボランティアにも出会いがある

ボランティア活動は一見、恋愛的な出会いとは関係ないように感じますが、活動に参加している人は3人に1人とボランティア人口は意外と多いもの。

たくさんの人が参加しているボランティア活動なら、いろいろな人と出会うチャンスが多いということですね。

とは言え、ボランティア活動の種類はたくさんあるので、一体どれがよいかわからない方も多いでしょう。

また「本当にボランティアで出会えるの?」と疑問に思う方もいるでしょうから、出会える理由とともに、おすすめの活動を6つご紹介します。

マリコ
マリコ

なぜボランティアが出会いに繋がるのか気になるなぁ〜!

ハナオ
ハナオ

どんなふうにボランティアと出会いが関係あるのか、僕がきちんと説明してあげるね。

【3人に1人】ボランティア人口は意外と多い!

まずは、こちらをご覧ください。

内閣府ボランティア調査

出典元:内閣府 市民活動促進担当「ボランティア関係参考資料」

内閣府が平成26年に作成したボランティア関係参考資料によると、ボランティア経験者は約35%という結果が出ていることがわかります。

約35%というと約3人に1人の方が、なんらかのボランティア活動に参加したことがある、ということです。

ボランティア人口が多いということは、参加すればたくさんの人と交流が持て、そこから出会いが生まれやすいと言えますよね。

出会いを見つける方法はマッチングアプリや友達からの紹介、結婚相談所などいろいろな方法があります。

しかしどれも必ず相手が見つかるわけではなく、それぞれ特徴が違うため、自分には合わず「出会いがない」と嘆いている方もいるはずです。

そのような方は一度ボランティアに参加してみると、意外と早く素敵な出会いが見つけられるかもしれませんよ。

出会いが多いおすすめのボランティア6選

出会いが多いボランティア活動6選

ひとくちに『ボランティア活動』と言ってもいろいろな種類があるので、今まで参加したことがない方はどれに参加すればよいかわかりませんよね。

ボランティア活動の中でも、出会いにつながりやすいものとそうでないものがあります。

そこで今回は出会いが多いおすすめのボランティア活動を6つご紹介するので、活動選びのときの参考にしてくださいね。

1.清掃・ゴミ拾いのボランティア

ふきんなどのお掃除道具

マリコ
マリコ

実は私ボランティア初心者なのよね〜

ハナオ
ハナオ

なるほど。じゃあそんなマリコちゃんはゴミ拾いからスタートするのがいいかもね!

街や河原、海岸、公園などの清掃・ゴミ拾いのボランティアは、身近なので気軽に参加しやすいのが特徴です。

ボランティア初心者が初めに選びやすいボランティアで、参加人数が多いだけでなく頻繁に開催されるのもメリット。

また、20〜30代の若い人が中心のコミュニティが多いため、20・30代前後のパートナーを探している方におすすめです。

清掃・ゴミ拾いのボランティアは早朝や休日に開催されることもあるので、会社に勤めている方でも参加できますよね。

1回あたりの活動時間は2〜3時間程度と短いことが多いですから、ほかのボランティアと並行して参加するのも良いでしょう。

募集要項は市町村のホームページや広報などに載っているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

初回は手ぶらでOKのボランティアからスタートすると気軽に参加できます。

2.オリンピック・マラソンなどのイベント

オリンピックなど大規模なイベント

オリンピックやシティマラソンなどのスポーツやフェスは募集人数が多いので、小規模のボランティア活動より出会いの幅が広がります。

人見知りで参加人数が多いと交流できるか不安な方は、友達を誘ってみるのもアリ。

フリーの友達を誘えば、イベントのボランティアをきっかけにブループ交際ができるかもしれません。

また、募集人数が多いということはいろいろな人が参加しているということですから、自分の趣味と近い人と出会える可能性がアップします。

求める男性のタイプがある程度決まっている方や、趣味が合う人とお付き合いしたい方に、オリンピックやマラソンなどのイベントのボランティアはおすすめです。

気になるイベントを見つけたらぜひボランティアに応募してみましょう。

3.子供・高齢者のサポート活動

山を歩く子供とおじいさん

マリコ
マリコ

私、子供と遊ぶのが好きなんだけど・・・

それを活かせるボランティアってないかな?

ハナオ
ハナオ

じゃあ福祉施設とかはどうかな?

福祉施設や介護施設でもボランティアは募集しています。

活動内容は子供や高齢者のサポートがメインになるので、子供や高齢者と触れ合うことが好きな方に向いているでしょう。

福祉施設や介護施設は住んでいる地域にたくさんありますから、地元での出会いを求める方にもおすすめ。

また、子供や高齢者のサポート活動に参加している男性は、心優しい方が多い傾向にあります。

「優しい人がいい」「子供好きな人がいい」と考えている方は、一度福祉施設などのボランティア活動に参加してみてはいかがでしょうか?

福祉施設や介護施設のボランティアの情報は、施設のホームページや市町村のホームページでチェックできます。

随時募集をしている施設も多いですから、一度だけでなく何度か参加してみるとよいでしょう。

4.国際交流ボランティア

海外に憧れがあるなら国際交流ボランティア

海外の男性とお付き合いをしたい、知り合いたいと考えているなら、国際交流ボランティアがおすすめです。

日本に住む海外の方に対して活動するだけでなく、実際に海外へ行ってボランティア活動をする例もあります。

もちろん、ボランティアを通して海外の方と知り合えるだけがメリットではありません。

国際交流ボランティアに参加している男性は視野が広く、グローバルな感覚を持っている方が多いのです。

将来海外で仕事をする夢を持っている方や、海外の方と交流するのが好きな方は、国際交流ボランティアに参加すると価値観が合う男性と出会えるかもしれません。

ただしボランティアの中には英語力が必要な場合があります。

海外で活動するならパスポートが必要になるため、応募する前に注意事項をきちんと確認しておきましょう。

こちらも初めてで不安なら友達と参加することをおすすめします。

5.ボランティア旅行ツアー

透明の地球儀と草

マリコ
マリコ

旅行をしながらボランティアをすることがあるって聞いたんだけど・・・本当?

ハナオ
ハナオ

うん。ボランティア旅行ツアーも人気のボランティアの一つだよ!

ボランティア旅行ツアーとは、被災地や途上国へツアー形式でボランティアへ行く活動のことです。

ツアー形式ですから、参加スケジュールは1日ではなく、2〜3日や長いと1週間以上にわたることもあります。

社会人でまとまった休暇を取るのが難しい方には向きませんが、ある程度スケジュールを調整できる方におすすめです。

実際の活動をする時間以外に移動中など一緒に行動をする時間が長いので、出会ってから早いペースで親密になりやすいのがボランティア旅行ツアーの特徴。

また、このボランティアに参加する方は旅行好きな場合が多いので、お出かけ好きな方にもぴったりです。

途上国での活動ですと海外がツアー先になるので、こちらも国際交流ボランティア同様にグローバルな視野を持つ男性に出会える可能性があります。

6.ボランティア婚活

ボランティアをテーマにした婚活に参加する

一般的なボランティアに参加して出会いを見つける方法以外に『ボランティア婚活』に参加するという方法もあります。

ボランティア婚活とは、その名のとおりボランティアをテーマにした婚活です。

「ボランティアを通して出会いを見つけたい」と思っている方が参加しますから、普通のボランティア活動より出会いやすいのがメリット。

活動内容はそれぞれ違いますが、清掃やゴミ拾いなど気軽に参加できるものが多いので、ボランティア初心者におすすめです。

共同作業で仲良くなりやすいですから、会話だけだと仲を深められるか心配な方は一度参加してみてはいかがでしょうか?

また、ボランティア活動のあとに交流会を開催する場合もあります。

作業で深まった仲を交流会でさらに深めれば、あっという間にカップルが成立してしまうかもしれませんね。

なぜ?ボランティアに出会いがある理由4つ

ボランティアに出会いがある理由

「たしかに参加人数は多いかもしれないけど、本当にボランティアから出会いに発展するの?」という疑問をお持ちの方のために、ボランティアで出会える理由を4つご紹介します。

大学生・社会人を越えた新しい出会いがある

ボランティア男女人数

出典元:内閣府 市民活動促進担当「ボランティア関係参考資料」

先ほどの資料を再度見てみると、ボランティアに参加した経験がある方の年齢は10代から75歳以上と幅広いことがわかります。

このようにボランティアに関心のある年齢層は幅広いため、学生・社会人を問わずいろいろな異性との出会いがあるのです。

学生のうちは学校かバイト先、社会人になると会社が主な出会いの場となります。

学校や職場では人の出入りが少ないので、その中だけではなかなかパートナーが見つかりにくいもの。

しかしいろいろな年代の方と出会えるボランティアなら、年齢を超えた新しい出会いが期待できるでしょう。

【困った】出会いがない社会人女性におすすめの方法7選|30代でも出会える方法まとめ
いい出会いがないまま30代を迎え、今後も職場では出会えそうもないと焦っていませんか?このページではそんな30代女性が出会うコツ7つと、社会人の女性におすすめの出会いの場所をご紹介していきます。

一体感や仲間意識が生まれやすい

一体感や生意識が生まれやすい

出会ってからデートを重ねるだけではなんだかしっくりこず、「いい人だけれどお付き合いするとなると・・・」とカップルになれないこともあります。

しかし参加者が同じ活動をするボランティアは、一体感や仲間意識が生まれやすいので「この人となら楽しい恋愛ができそう!」と感じやすいのです。

また、ボランティアのあとに懇親会が開かれることも多く、共同作業のあと、さらに仲が深まって恋愛に発展することもあります。

何度かデートをしたけれどお付き合いできなかった方は、ボランティアに参加してみると、また違った角度から男性のことを見られるかもしれません。

誠実でまともな参加者が多い

マリコ
マリコ

ボランティアに参加している男性のなかにも、誠実ではない出会い目的の男性がいないかちょっと心配・・・

ハナオ
ハナオ

ボランティアに参加する男性は比較的誠実な人が多いのが特徴だよ!

出会い系サイトやマッチングアプリなどに登録している方の中には、遊び目的など真剣な出会いを求めていないケースもあります。

そのような場合、せっかくデートをしても時間のムダになってしまいますよね。

その点、ボランティアは誠実でまともな参加者が多いのが特徴。

「誰かのために活動をしたい」という思いを持つ真面目な社会人や、意識の高い学生が多く参加しています。

実際、政府の行なったボランティア活動の調査によると、「社会の役に立ちたい」など、誠実な理由でボランティアに参加する人が多いことが分かっています。

“ボランティア活動を「したことがある」と回答した人の参加理由は、「社会の役に立ちたいと思ったから」(47.7%)、

「自分や家族が関係している活動への支援」(30.4%)、「自己啓発や自らの成長につながると考えるため」(30.1%)の順となっている。”

引用元:内閣府「平成 28 年度 市民の社会貢献に関する実態調査報告書」

交際相手に求めることは人それぞれでしょうが『誠実さ』を求める人は多いはずです。

そのような方はアプリやサイトを利用するより、ボランティアに参加したほうが早く理想の男性を見つけられかもしれません。

404 NOT FOUND | ハナマリ|あなたに寄り添う婚活メディア
自然に出会いたいと考えているあなたに、分かりやすく恋愛・婚活情報をお伝えするメディア。婚活アプリや結婚相談所に関する疑問や不安にもお答えします。

価値観が近い人が集まっている

価値観が近い人が集まっている

ボランティアは、自分と価値観の近い人・根本的な考えが似ている人と出会うにも最適な場です。

ボランティア活動には、基本的に「誰かの役に立ちたい」「社会奉仕がしたい」という価値観を持った人たちが集まっています。

つまり、多かれ少なかれみんな同じ思いを持っているため、意気投合しやすいのです。

また、価値観が近いと相性もいいので、お互いに好感を持ちやすくなります。

普段生活している中で、「人の役に立ちたい」という同じ思いを持った異性と出会うのは、意外と難しいものです。

ボランティア活動に参加すれば、きっと価値観の似た男性と出会えますよ。

ボランティア先で出会いを見つけるコツは?

出会いを見つけるコツ

結婚を視野に入れた出会いに最適なボランティア活動ですが、「何度か参加してるけれど、そんなチャンスなかったよー」という人もいると思います。

確かに、ただ参加するだけではなかなか出会いに結びつかないかもしれません。

かといって、そもそもの目的はボランティアですから、出会いを求める気持ち全開で臨むのもちょっと違いますよね。

ボランティア先で、交際や結婚につながる出会いを見つけるためには、どんな点に気をつけたらいいのでしょうか?

基本的なポイントをいくつか挙げていきます。

1回だけでなく定期的に参加する

定期的に参加する

まず大切なのは、参加する回数を増やすことです。

単発で参加するのではなく、なるべく定期的に参加すると、出会いの確率は間違いなくアップします。

婚活パーティーなどにも言えることですが、1回や2回行ってうまくいかなかったからといって、あきらめるのはNGです。

出会いには「数撃ちゃ当たる」の部分もありますので、ボランティア活動にも時間の許す限り、何度も参加しましょう。

特に、毎回メンバーが変わるボランティアですと、その都度新しい出会いが期待できます。

もしくは、ある程度メンバーが固定化されている場合も、何度も会うことで距離がどんどん縮まり、個人的に親しくなれる可能性が高まるでしょう。

なるべく色々なボランティアに参加すると、出会いの幅が広がりますよ。

まわりをよく見て気配りをしよう

ボランティアに限らず、男性との出会いを期待するなら「気配り上手」を目指すことがコツです。

特にボランティアは、完全な個人作業というより、参加者と協力し合って活動するものが多く見られます。

ですから、周りをよく見て困っている人には声をかける、自分の仕事が終わっても他の人をサポートする、などの気配りが大事です。

ボランティア仲間だけではなく、被災者や施設の高齢者など、誰かのために働く場合は、その対象者への気配りも当然必要とされます。

せっかくのボランティアが自己満足にならないよう、言葉一つひとつに気をつけ、相手の気持ちを考えた行動ができるようにしましょう。

そのように周りが見えていて、細やかな気遣いができる人は好印象をもたれますし、もちろんボランティア先でも感謝されます。

ボランティア活動以外の交流にも参加する

交流にも参加する

ボランティアでは、実際の活動以外に飲み会や親睦会などの交流が行なわれることもあります。

活動が終わった後、自主的にみんなで飲みに行くこともありますし、活動とは別の日に交流会・親睦会・意見交換会などが開かれることも多いです。

そのような機会は、ボランティア参加者と距離を縮められるチャンスですので、ぜひ積極的に参加しましょう。

メンバーがある程度固定されているような場合は、活動後に一緒にご飯を食べにいったり、LINEグループでつながったりすることが多いと思います。

その仲間に入れてもらえるよう、なるべく参加頻度を上げておきたいですね。

ボランティア活動以外にも接点を持っておくことで、個人的に親しくなれるチャンスは一気に増えますよ。

出会い厨はNG!ボランティアに参加する時の注意点

出会い厨はNG!ボランティアに参加する時の注意点

ボランティア活動から出会いを探すときにはいくつかの注意点があります。

ボランティア活動の本来の目的は出会い探しではないので、ッチングイベント感覚で参加するのはNG。

それを忘れていると出会いどころの話ではなくなってしまいます。

ほかの参加者に迷惑をかけないよう、参加をする前にきちんと注意点を理解しておきましょう。

出会い目的であることを露骨に表さない

露骨に表現しない

先ほども少し説明しましたが、本来ボランティア活動は出会い探しではなく社会貢献を目的としたものです。

参加者の中には出会いを求めていない方も多いため、出会い目的で声をかけると気分を害してしまうこともあります。

そのため、あからさまに男性を口説いたりするのはNG。

口説かれた相手だけでなく、その場の雰囲気を崩す結果にもなりかねません。

無理に出会いへつなげようとしなくても、真面目に活動をしていれば自然な出会いにつながります。

「彼女はいるんですか?」「どんな女性がタイプなんですか?」など質問するのではなく、ボランティアの中で生まれる日常的な会話にとどめておきましょう。

くれぐれもほかの参加者とトラブルに発展、という展開は避けてくださいね。

マリコ
マリコ

せっかく自然な出会いを求めてきてるのに、わざわざ出会い目的をアピールすることないよね!

ハナオ
ハナオ

あくまでも活動が第一だからね!

自然な出会いから結婚を叶えるには?一人で行ける自然な出会いの場20選
もし男性と出会って結婚するなら、やっぱり自然に出会いたいよね。 でも、「自然に」ってどうすればいいんだろう? 家と職場の往復だけじゃなかなか出会うのは難しい… 一人でも行ける、自然な出会いが生まれる場所って?

ボランティア初心者は身近な活動から

初心者は身近な活動から始めよう

ボランティアはお金をもらって作業をするのとは違いますが、思っているより体力がいる活動です。

そのため、初心者がいきなり1日拘束されるイベントや海外ツアーに参加するのはハードルが高いと言えます。

無理して参加をすると、体調不良になって周りの人に迷惑をかけてしまうかもしれません。

まずは清掃やゴミ拾いなど、身近で簡単にできる活動から始めましょう。

拘束時間は3時間前後のものがおすすめ。

参加してみて「大丈夫だな」と感じたら、半日、1日、数日と段階を踏んでいきましょう。

1人で参加するのが不安なら、友達を誘って2人以上で参加すると良いです。

婚活目的なら効率が悪いかも

正直、婚活目的ならかなり効率が悪いかも

ボランティア活動に参加している方は、誠実で真面目な方が多いので、タイプ的には結婚向けです。

しかし出会いを全く視野に入れていないわけではないでしょうが、基本的に社会貢献などまじめな目的で参加しています。

そのため「すぐに結婚したい!」と思っている人にとっては遠回りになるかもしれません。

ボランティアをとおしていい人が見つかればいいなと思っているならよいですが、最短で結婚したいなら、マッチングアプリや結婚相談所を利用したほうが効率がよいでしょう。

もちろん、ほかのサービスとボランティア活動を同時におこなって視野を広げるのは問題ありません。

まとめ:ボランティアは出会える!ただし本来の目的を忘れずに

出会いはあるけど本来の目的を忘れずに

ボランティアは3人に1人と多くの方が参加しているものですから、出会いを求めている方にはぜひ一度経験して欲しいものです。

しかし本来の目的はあくまで『ボランティア』ですから、参加するときには出会い目的にならないようくれぐれも注意してくださいね。

ボランティアを通して出会いがあれば、お付き合いができるよう努力をしていきましょう。

マリコ
マリコ

ボランティアが出会いのきっかけになることもあるのね!

私もさっそくどれかに参加してみようかな♪

ハナオ
ハナオ

出会いだけ目的にならないよう注意しつつ、いい出会いが見つかるように頑張ってみてね!応援してるよ。

タイトルとURLをコピーしました