アフターコロナの婚活方法とは? >>

1年以内に結婚!最短で結婚する方法と8つの秘訣を公開

1年以内に結婚する方法って? コラム
マリコ
マリコ

もうこんな年だし、出来るなら1年以内に結婚したい…!

でも、正直誰でも良いってワケじゃない。

こんな時、どうすれば最短で結婚できるの?

ハナオ
ハナオ

本気で結婚したい人のために、1年以内の結婚を叶える婚活のコツをまとめたよ!

あなたは今、早く結婚しなきゃという気持ちになっていませんか?

婚活がだらだらと長引いてしまうのはしんどいし、精神的にも辛いので早く成功させたいですよね。

そこでこのページでは、1年以内に結婚する方法8つと、婚活が長引きやすい女性の特徴、おすすめの婚活方法をご紹介していきます。

あなたが最短結婚を成功させるためのヒントがたくさん詰まっていますので、最後までご覧ください!

本気で結婚相手を探すなら

婚活アプリで相手を探す

結婚相談所で相手を探す

このページの要点をざっくりいうと

ふんわりイメージと人差し指

婚活では1年以内で結婚する人が多くなっています。

これは真剣に結婚を考える人が集まっていて、効率よく相手を見つけることができるからです。

1年以内の結婚を実現させるためには、しっかりリミットを決めてそれを延長しないことや、相手に求める条件に優先順位を付けておくことが大切です。

婚活方法は婚活アプリやパーティーなど、複数のサービスを併用しましょう。

効率よくたくさんの男性と出会うためには、積極的かつ柔軟に活動していくことが大切です。

【驚愕】そもそも婚活では「1年以内に結婚」する人が多いという事実

青い黒板と円グラフ

マリコ
マリコ

仕事してたら、婚活なんてすぐに1年以上経ちそうだけど…

ハナオ
ハナオ

婚活は、通常の交際よりも進展が速いんだ!

効率的に進めれば、1年どころか半年以内に成婚退会する人もいるみたいだよ!

「1年以内に結婚なんて無理かな」と思う女性は多いですよね。

でも実際の婚活では、1年以内に成婚しているカップルが多いんです。

まずは婚活に関する調査結果を見てみましょう。

婚活中の女性の7割以上が「1年以内に結婚したい」と望んでいる

総合婚活サービス会社IBJの調査によると、女性が付き合ってから結婚するまでの理想の期間は次のようになっています。

この調査では、交際から結婚までの理想の期間が3ヶ月から1年と回答した女性が74%にも上ります。

交際から結婚までの理想の期間は、
女性の74%、男性も62%と半数以上が「3か月から1年以内」と答えています。

引用元:婚活総研「女性の理想は1年以内?交際からプロポーズまでの期間は意外と早い!」

つまり、婚活中の女性は交際を始めたら1年以内には結婚したいと思う人が大半だということです。

結婚相談所の在籍期間の最頻値は「6~7ヶ月」

砂浜を並んで歩く新郎新婦

次に、こちらもIBJのデータによると結婚相談所での「典型的な成婚者」の在籍期間や交際期間は次のようになっています。

【典型的な成婚者像(全国)】

 

在籍日数

交際日数

男性

180~210日

90~120日

女性

180~210日

90~120日

※2018年度の全国における成婚者の中で、典型的とも言える最頻値を算出

引用元:日本結婚相談所連盟「成婚白書~2018年度版~」

男女共に最も多い在籍期間は6~7ヶ月となっていて、およそ半年程度の短い期間で婚活を終わらせていることが分かります。

交際期間は3~4ヶ月とさらに短く、先ほどの理想の交際期間のアンケートが「単なる理想」ではなく、十分に実現可能な数字であると言えます。

結婚相談所には、真剣に結婚を考えている人ばかりが集まってくるので、効率よく婚活を進められることが早く成婚にたどり着ける理由だと考えられます。

マリコ
マリコ

本当に半年…!正直、婚活のことナメてたかも。

ハナオ
ハナオ

真剣に・効率的に婚活を進めれば、マリコちゃんも1年以内に結婚できるかも?

婚活は1年以内で終わらせた方がいい理由

婚活は、そもそも長く続けるものではありません。

お断りが続く、なかなか思ったように進まないなど辛いことも多いので、あまり長引いてしまうとモチベーションが続きにくいのです。

「婚活疲れ」という言葉もあり、しばらく頑張ったけれど一旦婚活をお休みするという人も珍しくありません。

疲れてしまう前に、一気に結婚までたどり着くことが理想なのです。

さらに、特に女性では年齢が少しでも若いほうが有利になることは事実です。

1つ年を取るだけでも、無情にも相手の条件から外れてしまって出会い自体が少なくなってしまいます。

婚活がうまくいかない疲れた!婚活地獄から抜け出すには?
素敵な出会いを求めて婚活をしてもなかなかうまくいかず、「疲れた・・・」と感じてはいませんか?婚活がうまくいかないのには理由があるので、解決策を知って結婚相手をゲットしていきましょう!あわせて年代別の攻略法もご紹介します。

【これだけは】1年以内に結婚するためにやっておくべきこと8選

コルクボードの上に書かれたチェックリスト

1年以内に結婚するために、「これだけはやっておくべきこと」8選をご紹介します。

本気で結婚相手を探すなら

婚活アプリで相手を探す

結婚相談所で相手を探す

1.タイムリミットを決めておく

時計を持つ手

まずはタイムリミットを決めておき、延長もしないこと。これはとても重要です。

婚活の期限を決めておかないと、「いいな」と思える人と出会えても「もしかしたらもっといい人が見つかるかも…」となかなか決断ができません。

しかし「いい人」をスルーしても、時間が過ぎると自分の年齢が上がっていき、条件のいい男性も結婚していくので、「さらにいい人」を見つけることは難しくなってきます。

「延長は絶対しない」という覚悟も必要です。

一度「あと半年だけ」などと延長してしまうと、またズルズルと引き延ばすことになってしまいます。

「結婚はタイミング」とよく言いますよね。

そのタイミングを「待つ」のではなく、自分で積極的に決めてしまうことが成功のコツです。

マリコ
マリコ

自分でタイムリミットを決めちゃう…!

その発想、なかったかも!

ハナオ
ハナオ

具体的にいつまでに交際を始めて、いつ頃に成婚退会したいのかを決めておくのがおすすめ♪

2.条件に優先順位をつける

マリコ
マリコ

私、相手に求める条件が多すぎるのかも…

ハナオ
ハナオ

その条件全てを満たす人はなかなかいないよね。

それなら、大事にしたいものから優先順位をつけよう!

相手に求める条件には優先順位をつけましょう。

最初はどうしても「年齢と年収と容姿と…」といろいろ求めてしまうものですが、これでは条件に合う人がほとんどいないという現実が待っています。

「これだけは譲れない」という条件から、「これは妥協できる」、「ここは当てはまれば嬉しい」というものまでありますよね。

こうして優先順位をつけることで自分が本当に望んでいるのが何か分かりますし、条件に当てはまる相手が増えるので、あなたと相性のいい人が見つかりやすくなるのです。

3.積極的に活動する

青い砂浜を並んで歩く二人

婚活期間中は積極的に活動しましょう。

「必死だと思われそう…」と婚活に積極的になることに抵抗を感じてしまいがちです。

でも、婚活をすると決めたからには積極的に動かないと、タイムリミットはどんどん迫ってきてしまいます。

「1年以内」と決めたとはいえ、仕事をしながらだと実際に動ける日は限られてきますよね。

1人の人に絞ってからの交際期間も考えると、何人もの男性と会って自分との相性を確かめていく時間は長くありません。

効率よく婚活を進めていくためには、自分から積極的に動いていかなければならないのです。

4.断られても落ち込みすぎない

婚活では残念ながらお断りされることもありますが、そこで落ち込みすぎないことも大切です。

1年以内に結婚するためには、落ち込んでいる暇なんてないのです。

確かに「運命の人かも!」と思えるような人に出会えたのに、お断りされてしまうのはショックですよね。

でも「縁がなかった」「運命の人じゃなかっただけ」とスパッと諦めて、次に向かいましょう。

落ち込んでいる間に、あなたと相性のいい人が他の女性と出会ってしまうかもしれません。

余計なプライドは捨てて、前向きに婚活を進めていきましょう。

マリコ
マリコ

現実って、思ったよりも厳しい…!

ハナオ
ハナオ

最初のうちはかなり大変かも…

諦めは必要だけど、無理してまで婚活しないようにね!

婚活の現実は厳しい?40代・50代婚活女性が理想に近づくコツは?
30代・40代・50代女性ではどのような婚活の現実が待っているのか気になりませんか?このページでは各年代での婚活の現実と成功のコツ、30代以上の女性が婚活で気を付けたいポイントを詳しくご紹介します。

5.すぐに断らず、何度か会ってみる

デートの席で向かい合う男女

すぐに断らずに、何度か会ってみることも成功のコツです。

「1年以内」と焦ってしまうと、一度会って「いい!」と思えなかっただけですぐお断りしてしまいがちです。

でも相手の本質や自分との相性まで一度で見抜くことは困難です。

一度だけでは「第一印象+α」くらいにしかならないのです。

「とても印象が悪かった」「生理的に受け付けない」など、明らかに無理だという場合以外は、様子を見て何度か会ってみるようにしましょう。

6.柔軟に作戦を変える

マリコ
マリコ

私、そんなに付き合う価値のない人間かな?

どうして婚活が上手くいかないんだろう…

ハナオ
ハナオ

思い当たる節がないなら、婚活方法を変えてみるのもいいかもね!

自分が始めた方法にこだわらず、手応えがないなら柔軟に作戦を変えることも重要です。

婚活には「こうすれば絶対に結婚できる」という方法はありません。

人それぞれに向き・不向きがありますし、それを自分で見抜いて活動できる人ばかりではありませんよね。

「自分には絶対この方法しかない」「これは自分には合わない」と決めつけずに、柔軟に婚活を進めていきましょう。

7.複数の婚活を併用する

スマホを触ってマッチングアプリを見る

複数の婚活方法を併用することも1年以内の成功には不可欠です。

婚活アプリや結婚相談所などさまざまな方法がありますが、1人の相手と会うまでにどうしても時間がかかってしまいます。

1つだけでは効率が悪すぎて、1年以内の結婚は難しいのです。

たとえば結婚相談所で主に活動しつつ、その場で出会える婚活パーティーにも積極的に参加するなど、複数の方法を併用するようにしましょう。

8.1人の男性にこだわらない

1人の男性にこだわり過ぎないことも成功には不可欠です。

いくらあなたが気に入った男性がいても、向こうが気に入ってくれるとは限りませんよね。

うまくいかない相手を追いかけてしまうと、時間を無駄にしてしまうことになりかねないのです、

もちろんうまくいけばいいのですが、ダメだった時にすぐ次に進めるように他の人も候補に入れて活動をしていくことが重要です。

ハナオ
ハナオ

婚活での、いわゆる「脈なし男性」の見分け方はここを参考にしてね!

マリコ
マリコ

効率的に進めたいから助かる~!

婚活で脈なし男性を見極める7つのコツ!婚活で脈ナシ男性と出会った時の対処法は?
婚活で出会った男性が「脈なし」なのか判断するポイントを知りたいと思いませんか?このページでは婚活での7つの「脈なしサイン」や「脈なしかも」と思った時の対処法、「脈なし」から逆転する方法について詳しくご紹介します。

【注意】婚活が長引きやすい女性の特徴

ルームウェアを着て首をかしげる女性

婚活が長引きやすい女性の特徴4つをチェックしておきましょう。

これらに当てはまらないようにすることが、1年以内の結婚を実現させるためには重要です。

男性からのアプローチを待っている

マリコ
マリコ

私は付き合っても良いと思うんだけど、何で向こうは何も言ってこないんだろう?

ハナオ
ハナオ

待っているだけじゃ、なんにも動かないよ!

気になるなら、気持ちをやんわり伝えてみたら?

男性からのアプローチを待っている受け身の女性は婚活が長引きやすくなってしまいます。

これまでの恋愛ではそれでも声をかけてくれる男性が存在したかもしれません。

でも婚活では、気になる相手にはアプローチをして「あなたに興味がある」ということをしっかり伝えておくことが大切です。

もしそれで男性にその気がなければ、すぐに次に向かえますよね。

これまで自分から男性にアプローチしてことがないと抵抗があるかもしれませんが、1年以内での結婚を目指すのであれば、積極的なアプローチが必須です。

条件が多すぎる

スマホにタッチするパーカー姿の女の子

マリコ
マリコ

結婚相談所で検索しても私の条件に合う人が全然いない!

ぴったりの相手が見つかるなんて嘘じゃないの?

ハナオ
ハナオ

連盟所属の大きい相談所でも無理なら、条件が多すぎるってことも…

結婚相手に求める条件が多すぎる女性も、婚活が長引きやすくなってしまいます。

条件が多ければ多いほど、それに当てはまる男性が少なくなっていくことは当然ですよね。

もちろん一人でも見つかり、その相手とうまく結婚出来ればいいのですが、そもそもそのような条件の良い男性が未婚で恋人もいない、婚活中であるという可能性は低いのです。

「どこかに条件に当てはまる男性がいるはず!」と思っているうちに、どんどん時間だけが過ぎてしまい、条件のいい男性は結婚していってしまいます。

ちょっとした理由ですぐに断る

マリコ
マリコ

あの人お支払いがスムーズじゃなかったんだよね、断ろ!

ハナオ
ハナオ

ちょ、ちょっと待ってよ!

それ以外にイヤな所が無いんだったら、もう少し会ってみたら?

ちょっとした理由で、すぐに断ってしまうことも婚活が長引いてしまう女性の特徴です。

せっかくアプローチしてきてくれた男性を、「いい人だけれど年収が…」「希望より年が上」など、ちょっとした理由で断ってしまうと結婚になかなかたどり着けません。

婚活では、つい相手の条件ばかりに目がいってしまいますが、相性のほうが大切なので、少し条件と違っても相性を確かめられるまでは会ってみるほうがいいのです。

第一印象が良くも悪くもない程度でも、相手のことをよく知ると、とても好印象を持つようになったり、自分との相性が良いと分かったりすることは異性・同性問わずありますよね。

すぐに断ってしまうと相性の良い相手を見逃してしまうことになりかねないのです。

結婚をまだ焦っていない

人生計画をふりかえる女性

マリコ
マリコ

お見合いの申し込みがあったけど、何か気が乗らないなー。

別に今すぐ結婚しなきゃいけない訳でもないもんね?

ハナオ
ハナオ

自分の好きなタイミングで結婚できるわけじゃないよ…

会ってくれる人がいるなら、もう少し頑張ってみたら?

「結婚したい」とは思っていても、まだ焦っていないと結局最後の踏ん切りがつかず、婚活が長引いてしまいがちです。

確かに焦って結婚すると、相手の本性を見抜けなかったり、無理に合わせてしまう部分があったりして後悔しやすいです。

しかし、適度に焦りの気持ちを持つことは結婚を決める大きなモチベーションにつながるので、悪いことではないのです。

本気で結婚相手を探すなら

婚活アプリで相手を探す

結婚相談所で相手を探す

1年以内に結婚したいなら、結婚意欲の強い男性を見分けよう

1年以内に結婚するためのコツをご紹介しましたが、もう1つ大事なのが「結婚する意思の強い男性を見つける」ということです。

いくら自分が正しい努力をしても、そもそもの相手選びが間違っていては意味がありません。

1年以内に結婚を決めたいなら、同じように「短期間で結婚相手を見つけたい」と思っている男性や、「結婚に対して良いイメージを持っている男性」にだけ近づくのが最善です。

そのような男性はどのように見分けたらいいのか、ポイントをいくつか見ていきましょう。

収入が安定していて、お金の使い方が堅実

結婚を視野に入れている男性は、経済観念がしっかりしていることが多いため、お金の使い方は1つの参考になります。

実際、最近は男女とも「結婚資金」の有無を気にする人が多いことが国の調査でも明らかになっています。

結婚意思のある未婚者に、一年以内に結婚するとしたら何か障害となることがあるかをたずねたところ、男女とも「結婚資金」を挙げた人が最も多く(男性 43.5%、女性 41.5%)、今回これまでで最も高い割合となった。

引用元:国立社会保障・人口問題研究所「第 14 回出生動向基本調査結婚と出産に関する全国調査 独身者調査の結果概要」

結婚資金が結婚の障害になると考える独身男性が多いということは、結婚を真剣に視野に入れる男性は、おのずとお金を大事にするようになるということです。

逆に、稼いだお金を趣味にすべて回したり、合コンや飲み会に費やしていたりする男性は、まだ独身を謳歌したいと考えているかもしれませんね。

温かい家庭で育ってきた

温かい家庭で愛されて育った男性は、基本的に結婚に対して良いイメージを持っていることが多いため、結婚願望も強い人が多いです。

たとえば、普段の会話の中で自分の家族の話をよくしたり、女性側の家族について聞きたがったりする男性は、結婚について前向きに考えている可能性が高いでしょう。

しょっちゅう地元に帰っている、祖父母を大事にしている、なども、温かい家庭に生まれ育った人によく見られる特徴です。

そのような人は、性格も素直で自己肯定感が高いことが多いため、結婚相手として最適といえます。

逆に、家族の悪口が多かったり、どこか世の中を斜めに見ていたりする人は、不満のある家庭に育ったのかもしれません。

全員が全員そうではありませんが、1つの参考にしてみてください。

まわりの友人に既婚者が多い

男性が結婚を考えるタイミングは、周りの環境にも大きく左右されます。

たとえば友達がどんどん結婚していくと、自分が置いていかれるような感覚になって、結婚を真剣に考え始める男性は多いです。

また、既婚者の友人から「奥さんの手料理のおいしさ」や「子どもの可愛さ」などを聞かされるうちに、家庭をもつことのメリットを感じて「自分もそろそろ…」と思ったりもします。

友人だけではなく、同僚からも同じ影響を受けますので、既婚者の多い職場に勤めている人ほど結婚を早めに意識することが多いです。

逆に、独身者の多い職場や、早く結婚する人が少ない職場に勤めている人は、結婚が遅くなる傾向が見られます。

それくらい、結婚に関しては身近な人たちの価値観の影響を濃く受けますので、彼のまわりに既婚者が多いか、独身が多いかチェックしてみましょう。

結婚が社会的なステータスになっている

時代が変わったとはいえ、今でも男性の中には「仕事ができて家庭を持っている」ことが一人前の証だと考えている人がいます。

結婚をステータスの一つとして捉えているということですので、そういう人はある程度の年齢に達したら真剣に結婚を考えることが多いです。

このような価値観は職場によるところも大きく、既婚者の方が出世しやすい職場に勤めている人ほど強く影響を受けます。

基本的に仕事熱心で男気のある男性が多いのですが、このタイプにはひと昔前の考え方を持つ人が多く、女性に対して古い理想を抱く人もいる点に注意しましょう。

「男は稼いでなんぼ」「女は尽くしてなんぼ」のような価値観を持つ人も実際いますので、事前に結婚観についてきちんと話し合うことが大切です。

1年以内に結婚したい女性が選ぶべき婚活方法・婚活の進め方

ハーフアップでほほ笑むスーツの女性

最後に1年以内に結婚したい女性が選ぶべき婚活方法と、婚活の進め方を伝授します。

まずは婚活アプリに登録する

まずは婚活アプリに登録しましょう。

今すぐにでも登録でき、手軽に利用できます。

アプリは女性が無料のものが多く、有料の場合でも登録自体にはお金がかからないことがほとんどです。

とりあえずどんな感じなのか、雰囲気を探るためにも良さそうなアプリに複数登録してみるのもいいですね。

真剣度の高い婚活パーティー・イベントに参加する

マリコ
マリコ

婚活パーティーにも真剣度の違いがあるの?

ハナオ
ハナオ

いわゆる「街コン」と呼ばれるものは恋活目的の人がメインなんだ。

パーティー名や詳細に「婚活」と記載のあるものを選ぼう!

婚活パーティーやイベントにも参加しましょう。

婚活をしている人だけを対象としている真剣度の高いものを選ぶことが大切です。

さらに、人気があり実績の豊富な婚活サービスを運営する企業や自治体が主催しているものがいいですね。

顔の広い友達に紹介を頼む

同時に、顔の広い友達に紹介を頼んでおきましょう。

今なお、夫婦の出会いのきっかけが「紹介」だったという夫婦は多いです。

さらに相手を探している本人よりも、まわりの人のほうが「どんな人があなたとお似合いか」が分かっているものです。

1年以内という期間の中で、すぐにいい人を紹介してもらえるかどうかは分かりませんが、張れる網は張っておきましょう。

30代以上の女性は結婚相談所も利用する

マリコ
マリコ

やっぱり30代以上は結婚相談所じゃないとダメなの?

ハナオ
ハナオ

相談所なら、条件に合った人を紹介して貰える上にお見合いのセッティングまでやってくれるよ♪

ハナオ
ハナオ

仕事で忙しい人にこそ、結婚相談所がおすすめなんだ!

30代以上の女性は、結婚相談所も利用しましょう。

もちろん、「自分で動ける」という自信があるならアプリとパーティーだけでも十分な場合もあります。

ただ「1年以内の結婚」を目指すためには、プロのサポートを受けられる結婚相談所は、年齢的に自信がない女性にとっては強い味方となるです。

最初にご紹介した調査からも、多くの女性が短い在籍期間で成婚退会していることが分かりますよね。

費用の負担は大きくなりますが、その分、結婚への近道です。

デートは同時進行が基本

水族館でゆうゆうと泳ぐ魚たち

婚活においては、まだ真剣に交際する前の段階では同時進行が基本です。

アプリで出会った人とデートを重ねている段階でもパーティーに参加する、メッセージのやり取りを複数の男性とするなどの同時進行は、婚活を効率よく進めるためには必須です。

結婚相談所でも仮交際の段階は同時進行を推奨しています。

ただ、真剣交際は同時進行できません。

【まとめ】基本は1年婚活!リミットと条件をしっかり決めて活動を

このページでは1年以内に結婚する方法や、婚活が長引きやすい女性の特徴、おすすめの婚活方法を詳しくお伝えしました。

婚活の期間は1年が基本です。

「1年以内」という目標は決して無謀ではなく、しっかりポイントをおさえることで実現可能です。

何よりも大切なのはリミットと相手に求める条件の優先順位を決めておくことです。

スピードは大事ですが、かといってすぐにお断りせずに相性を見極めましょう。

複数の婚活方法を併用して効率よく積極的に活動していくことで、スピード婚に近づきますよ!

婚活アプリや大手結婚相談所でうまくいかなかった方へ
あなたお一人に対して、2名の専任カウンセラーがあなたの婚活をサポート。 加えてハナマリユーザー限定で、成婚者のアドバイスが受けられます。 サポートは対面に加えて、オンラインでも実施。 だから外出自粛中でもあなたの婚活が前に進みます。
コラム
hanako_marriageをフォローする
ハナマリ|あなたに寄り添う婚活メディア
タイトルとURLをコピーしました